平成18年度「島根あいてぃ達者」が決定しました。

 ◆ 「島根あいてぃ達者」とは?

パソコンやインターネットをはじめとするIT(情報通信技術)の急速な進歩によって、私たちの暮らしは大きく変わろうとしています。
一方、パソコンのキーボード操作が煩雑だからとか、新しいものにはなじめないからといった理由で、ITに対する抵抗感・嫌悪感を抱く方々も多いのではないでしょうか。
島根県は、全国で最も高齢化が進んでいることを逆手にとって、地域社会の中心的存在である高齢者に、ITを積極的に活用してもらおうという運動を続けています。
「島根あいてぃ達者」は、ITの活用に熱心で、その輪を広げようと積極的に活動しておられる高齢者を、島根県知事が毎年一回表彰するものです。

 ◆ 「島根あいてぃ達者」の対象者

  • 県内に在住する65歳以上の高齢者、又は高齢者を中心に組織されたグループであること。
  • パソコンやインターネットなど、ITの活用に熱心に取り組んでおられること。
  • 周囲の高齢者等に対してもIT活用を積極的に働きかける「リーダー的存在」であること。

 ◆ 平成18年度「島根あいてぃ達者」の決定

平成18年度の募集は9月29日(金)まで行われ、多数の推薦の中から、次の方々が「島根あいてぃ達者」に決定されました。
表彰式は、平成18年11月28日(火)、県庁知事室で行われました。

 ◆ 島根県の公式サイトは、こちらです。


このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。