『改正NPO法と新寄付税制』セミナー

〜新制度をしっかり活用するために!〜

 基調講演「21世紀の島根県と新しい公共を、今、しっかり確認する」

2011年6月にNPO法とNPO法人に対する寄付税制の改正法案が可決されました。
もうすでに新寄付税制はスタートし、認定NPO法人になるための新ルール「3,000円×100人」が決まりました。税制上の優遇措置も拡大されています。
また、2012年4月からは改正NPO法が施行され、活動分野が追加されたり、会計書類が「活動計算書」に変わったり、定款変更に関する制度が変わったり・・・と、大幅にリニューアルされます。
そこで、NPO法や寄付税制がどう変わったのかを正しく理解し、今後の活動にしっかりと活かすためのセミナーを開催します。

 たくさんの方のご来場をお待ちしています。

 【日程・場所】

 ◎松江:平成24年2月19日(日)/くにびきメッセ(501大会議室)
 ◎浜田:平成24年2月20日(月)/浜田合同庁舎(大会議室)
 ◎出雲:平成24年2月21日(火)/出雲合同庁舎(702会議室)


 【内容】

◇あらまし編
(午前の部)10:30〜12:00 『4月からこう変わる!新制度説明会』


 2012年4月に施行されるNPO法改正のポイントや認定NPO法人への寄付税制
 のしくみをわかりやすく説明します。
  ●講 師:島根県環境生活総務課NPO活動推進室 職員
  ●対 象:興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。


◇認定NPO編
(午後の部)13:00〜16:00 『認定NPO法人チャレンジセミナー』


 「3,000円×100人」の寄付という新基準や「仮認定」の導入で認定がぐ〜んと取りやすくなり、
 最大で寄付金額の50%が寄付者に還付される「税額控除制度」が導入されたことで、
 認定NPO法人が寄付を集めやすくなりました。
 これまで認定は敷居が高いと思っていた方、目指すかどうか迷っている方へ、
 講座とワークを通じて「どこから始めて、何をどうしたらいいのか」具体的なヒントを得られるセミナーを開催します。


  ●講 師:実吉 威氏(認定NPO法人市民活動センター神戸 理事・事務局長)
    1995年1月の阪神・淡路大震災をきっかけに市民活動の世界へ。現在は、
    NPOの経営支援(コンサルティングと情報発信)、ネットワークづくり、
    調査研究と政策提言、NPO共同オフィスの運営など市民活動のサポートセンターとして
    活躍中。 理事・事務局長を務める市民活動センター神戸は、2010年9月に
    認定NPO法人資格を取得、実体験にもとづいた講座が評判を得ている。

  ●対 象:認定NPO法人取得に関心のある団体または個人の方
  ●持参物:直近の2事業年度分の決算書、電卓

【参加費】無料

【定員】各会場40名

【申込み期限】

  平成24年2月13日(月)

【申込み方法】

  下記チラシ[PDF]をダウンロードして、2ページ目にある参加申込書をご覧いただき
ファクシミリ又はE-mailのいずれかでお申し込みください。
   FAX: 0852-28-0692
   E-mail: shimane@teiju.or.jp

【主 催】 島根県/(公財)ふるさと島根定住財団


【問い合わせ】

  公益財団法人ふるさと島根定住財団地域活動支援課(しまね県民活動支援センター)

  〒690-0003
   島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
   TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692


このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。