募集期間延長 ろうきんNPO寄付システム 広島・山口豪雨災害緊急配分

ろうきん寄付システム 期間延長いたしました。
(公財)ふるさと島根定住財団(しまね県民活動支援センター)では、平成17年から中国ろうきん、中国5県の中間支援組織と連携し、「中国ろうきんNPO寄付システム」の運用をしてまいりました。
寄付金の配分は毎年2月に委員会の審査を経て実施しています(平成25年度は6分野12団体合計85万円、立上げ助成3団体40万5千円を配分)が、平成21年の美作水害をきっかけに、「災害救援」分野への寄付については、中国地区内での災害発生時に緊急配分が可能となる仕組みを検討してきたところです。
そして、平成23年の東日本大震災において、中国地区外でしたがその被害の甚大さ等を考慮し、2回の募集を行い2団体に対し寄付の配分を行いました。昨年の島根・山口豪雨災害においては1団体へ寄付の配分を行っています。
この度の広島県や山口県の豪雨災害被害に対し、同様に寄付が活かされることの重要性を考慮し、寄付金の緊急配分を行うことを決定いたしました。
被災地での活動を予定されているNPO法人の皆さまにおかれましては、活用をご検討ください。

下記の通り寄付配分先を募集いたします。  

 【募集内容】

 【対象団体】  広島県・山口県豪雨災害の被災者支援を目的とし、以下の2点を満たす活動
 1.島根県内に主たる事務所を置くNPO法人(2014年7月31日までに認証された団体)が直接実施する活動
 2.原則として被災地に赴いて実施する活動(単なる視察等は除く)
 【配分額】1口(5万円)程度
  (現在「災害救援」に寄付されているのは1口ですが、応募状況等によっては
  「おまかせ」分野の寄付を合わせて配分する場合があります)

  ・詳細は下記募集要項をご確認ください。
広島・山口豪雨災害緊急寄付配分団体 募集要項 PDF形式

 【募集期間】

  2014年9月30日(火)まで

 【応募用紙】

ろうきん緊急配分様式(申請書・申請変更書)WORD形式
ろうきん緊急配分様式(事業終了報告書)WORD形式

 【問合せ】

  公益財団法人ふるさと島根定住財団
  〒690−0003
  松江市朝日町478−18 松江テルサ3F 担当:光明・多賀
  TEL:0852−28−0690/FAX:0852−28−0692
  E−mail:shimane@teiju.or.jp


このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。