地域づくりセミナー 成果の導きだし方ワークショップ

 あなたの団体はどれくらいの価値を社会に対して提供しているかを説明できますか?

成果の導きだだし方ワークショップ

 今、主に資金の出し手が事業や活動による社会的な価値の「見える化」を求める傾向にあります。
 社会的課題の解決に取り組む事業や活動について、社会的な価値を「見える化」し民間の資源を呼び込むことで、その事業や活動が成長できる環境を整えることができます。「資金がない」「人がいない」と嘆く前に、今一度、自分たちの事業・活動の目指す成果は何なのか、その導き出し方を学びましょう!

 スケジュール

第1弾「事例に学ぶ」では、事例団体の成果の導き出し方を模擬体験します。
第2弾「自分たちの成果を出す」では、第1弾の学びの実践編を行います。
それぞれ、西部・東部の2会場で2回ずつ開催します。
【西部事例団体】蔵庭(古民家カフェ・地元食材の活用)
【東部事例団体】宮内舎(耕作放棄地対策・お米の六次産業化)

 日程・場所

日にち 時間 会場
西部 第1弾 12月17日(土) 13:00〜16:00 蔵庭
江津市松川町下河戸1-1
第2弾 1月27日(金) 13:00〜16:00 鞆の銀蔵
大田市仁摩町馬路1830-6
東部 第1弾 12月18日(日) 13:00〜16:00 阿用交流センター
雲南市大東町東阿用33-1
第2弾 1月28日(土) 13:00〜16:00 ほほ笑み
雲南市三刀屋町三刀屋1065-1

 対象・定員

定住財団の助成採択団体、申請予定のある団体など
各会場20名(10団体程度)

 参加費

各回一人500円(試食実費)

 チラシ・申込書

チラシ&参加申込書(PDF)

 申込

第1弾・第2弾の両日参加をおすすめします。どちらか1日のみの参加の場合は、その旨も併せてお知らせください。

Web:こちら(http://www.teiju.or.jp/entry/seminar_input_form.html)からお申込み可能です。
FAX:参加申込書を0852−28−0692(内田)まで送信ください。
Eメール:上記申込事項をご記入の上、件名を「成果の導きだし方ワークショップ参加申込」としてshimane@teiju.or.jpまで送信ください。

 申込み・問合せ

公益財団法人 ふるさと島根定住財団(担当:島田、内田)
 TEL:0852-28-0690 FAX:0852-28-0692 E-mail:shimane@teiju.or.jp


このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。