地域づくり応援助成 事業化支援事業 平成29年度第1回助成団体(公益重視型)

審査会日にちおよび採択案件件数

【日にち】 平成29年8月4日(金)
【申請案件】2件
【採択案件】2件

助成団体

 NPO 法人わきあいあい(浜田市)
【事業名】自伐型林業による地域活性化プロジェクト
交付決定額:2,000,000円 / 対象経費:3,540,000円

地域課題:
【未利用資源である森林の活用】
田橋町の総面積のうち森林部分は約85%
そのうち、10年以上手入れをしていない森林は約70%
事業概要:
住民参加型自伐型林業の独自モデルを構築し、このモデルの推進により、森林保全、森林資源の有効活用、地域住民への貢献の3分野に取り組む。高齢化・初期投資の負担など、地域に自伐型林業の手法を導入する際にネックとなるいくつかの課題をNPO法人が事業実施することで解消しながら、森林保全の動きを地域に広げていく。
また、地域内の事業所と連携して、しいたけ原木として販路を確保するなど、地域内の経済循環への貢献も狙う。
事業成果目標:
・田橋町、井野地区の荒廃森林率約70%を約30%へ
・田橋町、井野地区の森林所有者の所得向上による継続居住 (人口の社会増減±0へ)
・自伐型林業新規参入者をサポートし、地域内住民の森林への関与度5%→50%へ

助成団体

 合同会社 Design Office SUKIMONO(江津市)
【事業名】クリエイティブクラス誘致のためのシェアハウスプロジェクト
交付決定額:2,000,000円 / 対象経費:14,250,000円

地域課題:
【人口減少・地域の活力衰退】
江津市の人口減少が進行する中、地域の活力維持・増加を狙い、クリエイティブクラスの人材に特化した人材誘致を狙う。
事業概要:
クリエイティブクラスの人材を誘致するためのシェアハウスを運営することで、クリエイティブクラスの人材のもつスキルや人脈・情報などと江津市内の人・企業・文化などとの化学反応を起こし、経済効果を主とした様々な波及効果を狙う。
シェアハウスには、チャレンジスペースや事務所スペースも設置し、クリエイティブクラスの人材と地域が結びつく仕掛けを取り入れる。
事業成果目標:
・クリエイティブクラス人材誘致年間2組
・本プロジェクトをキッカケとした交流人口年間100人、移住者5人

このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。