認証の法的性質はどんなものですか?

NPOについてのQ&A

 認証の法的性質はどんなものですか?

内閣府によると、認証とは「ある行為が法令に適合しているのかどうかということを審査し確認をしてその判断を表示する行為として一般的に使用されているもの」とされています。 NPO法では、いわゆる社会福祉法人の設立許可のように行政裁量の範囲が広い制度と異なり、設立要件の判断において所轄庁の裁量の余地は極めて限定されています。特定非営利活動促進法第12条に規定する設立要件に適合すると認めるときには、都道府県知事は認証しなければなりません。 また、認証されたからといって、所轄庁がその団体の活動についていわゆる「お墨付き」を与えたわけではありません。 公開されている情報などをもとにして、団体がどの程度信用できるかを県民一人一人が判断することが求められています。

NPOとは何ですか?
NPO法人とNPOはどう違うのですか?
特定非営利活動とはどのような活動ですか?
NPO法人になった場合のメリットと義務は?
納税の義務は?
NPO法人が設立できる要件とは何ですか?
営利を目的としないなら事業費や職員の給与等はどうすればいいのですか?
社員の資格の得喪に関して、不当な条件を付さないこととはどういうことですか?
役員について教えて下さい
認証申請をするまでにどんな準備が必要ですか?
申請から認証までの流れを教えてください
認証申請はどこに提出すればよいのですか?

このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。