でんどう

地域振興に関わる様々な方の意見、主張を掲載していきます。

理事長メッセージ(当財団発行 しまね企業図鑑から)

 皆さんは島根にどんなイメージをお持ちですか。

 私が愛する島根の郷土自慢をすれば次のとおりです。

 我が島根は、長い海岸線が連なる、穏やかで時として荒ぶる海や、絵の島と謳われる隠岐諸島、里山から千メートル級まで連なる山々や多様な河川、夕日に映え朝霧にけむる宍道湖・中海の汽水湖から成る、四季の恵み、海の幸、山の幸が豊富な『美し國』。

 国引き国譲りの神話の古代からの豊富な歴史が往時をしのばせる。神が舞い人が舞う出雲神楽、石見神楽。海・山・里にとり行われる年中行事や民俗芸能など歴史が息づく『神の國』。

 ひかえめすぎるほどに温やかで、人情厚く、きめ細やか。勤勉実直で忍耐強く、奉仕的精神を発揮する県民の集う『民の國』。

 来訪者はこの地を箱庭的といい、神々の座と呼ぶ。日本の面影と呼んだ小泉八雲。今も変わらぬ日本の原郷・日本のふるさと。

 出雲弁で訥弁に語り、石見弁で歯切れよくしゃべり、隠岐弁で情緒豊かに歌う『言の葉の國』。

 空気と水がおいしく温泉の多い、元気で長生きでは日本有数、「お茶」や「花」「食」の文化が生活にとけ込んでいる『粋の國』。


 そんな島根への若者定住やUIターンを、ふるさと島根定住財団は職員が誠心誠意でお手伝いをします。


(公財)ふるさと島根定住財団   理 事 長  藤  原  義  光

トップへ戻る