でんどう

地域振興に関わる様々な方の意見、主張を掲載していきます。

年頭所感

今年は酉年

 新しい年が始まった。今冬の山陰は12月に雪がほとんど降らない状況だったので、平成22年暮れから翌23年正月にかけての豪雪のような大寒波の襲来があるのではないかと危惧していたが、幸いにも穏やかな正月を迎えることができた。

 天候に限らず、年の変わり目にしては妙に静かでふんわりとした感じのバトンリレーだったなと思ったのは私だけだろうか。これは「嵐の前の静けさ」なのではと、ふと思ってみたりする。今年の干支は丁酉(ひのととり)。丁酉の年は、陰陽五行では火と金の組み合わせで「相剋」(対立・矛盾する二つのものが互いに相手に勝とうと争うこと)の関係にあり、革命の年とも言われるらしい。奇しくも2017年はアメリカの大統領が交代する年。良くも悪くも絶大な影響力を持つ新大統領の誕生で世界の政治経済はどのような動きを見せるのだろうか。それは、日本にとって吉なのかそうでないのか、全く予測がつかない。そのことが静けさを助長し、不安を煽る。

 それはそうとしても、「酉」に当てられた動物は鶏だ。鶏は、夜明けを知らせる鳴き声から、中国では吉兆をもたらす動物とされている。日本でも、天岩戸神話にみられるように、鶏は新たな時代を切り開く吉祥のシンボルだ。見方を変えれば、酉年は新しく物事を始め、挑戦するにはグッドタイミングの年と言える。先行き不透明であっても、腰が引けるようなことなく、今年も「前傾姿勢」で取り組んでいきたいものだ。

トップへ戻る