でんどう

地域振興に関わる様々な方の意見、主張を掲載していきます。

教育理念ー大津市での痛ましいいじめの問題について

 大津市での痛ましいいじめの問題について、教育にかかわった者として、「私ならどうしたか」と自問自答します。
 このことを契機として教育委員会、教育者、学校に対しての不信感が増長されています。
 残念なことです。
 いじめ問題については「いじめはだめです」と百万遍言って聞かせたところで効果はありません。また、場当たり的に付け焼刃でもっての対応が成果をあげるものでもありません。
 卑怯を恥じる心、弱い者をいたわる心、相手の気持ちになって思う心などの「ふるまい」全般を正していくことです。
 教育は、個人一人ひとりの全人格を形成する作業であり、各教科や学校行事、地域や家庭とも連携して総合的に進めなければなりません。
 このことは、この前本欄の「ICТと読書」で書きました。
 今回はこうした「ふるまい向上」に至った私の思考プロセスをまとめていたものを紹介します。
 PТA活動などの少しは参考になればと思います。



私の求めた教育理念
藤原義光

トップへ戻る