ダミーメイン

2018-09-04

おいしいご飯

皆さん食べることは好きですか?私は大好きです!

でも、ご飯っておいしく感じない時もありますよね

例えば仕事やプライベートで悩みがあったり疲れがあるなど。

 この度研修を受ける機会があり教えていただいたのは、

人間は悩みやストレスなどがあるとアサーティブ※①でない行動をとってしまい、

またその結果、自分によりマイナスになって跳ね返ってきて

自己嫌悪やストレスを感じてしまうそうです。

 今回の研修を受けて、自分も相手も「おいしいご飯」を食べれるように

スキルをどんどん身に着けて、仕事をスムーズに楽しくなるようしていきたいなと思いました。

 また、他にもご飯がおいしく食べれなくなると言えば「罪悪感」ですよね。

それは、医者に高カロリーなものを避けるようにと言われてしまった後!

このままではヤバイと思っていましたが、おしりに火がついてしまいました…

 

 これから食欲の秋を迎えるにあたり、おいしく食べれるよう健康的になろうと思います(涙)

(ちなみにお医者さんには風邪で受信したのに、脂肪肝を疑われました…違ったけど、ひどい)

(ペンネーム:今井)

※ちなみに

アサーティブ(アサーション)※①はネットによると

より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、

「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。

また、アサーションのトレーニングを行う事で、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しながら率直に自己表現ができるようになるそうです。


2018-09-06

「note」ってご存知ですか?

皆さん「note」ってご存知ですか?

ジャポニカ、キャンパス・・・じゃなく、誰でもテキスト、つぶやき、写真、音楽などを投稿できるサービスです。一般人から芸能人まで利用していて、日記代わりにしている人、クリエイターとして作品を投稿している人、いろんな人がいます。

「サポート」という機能もあり、いいなと思うユーザーにお金を支払うこともできます。

応援のようなものでしょうか。「ほんの気持ちです」という方が日本人にはしっくりくるかもしれません。

 私は今、「ジョブカフェしまねTwitter」の担当として、毎日情報発信しています!

「!」とつけましたが、実際にはずっと手探りの状況で、迷うことがたくさんあります。

それでも何とか、4月から今まで毎日更新し続けています。

私は飽きっぽいので、面白いと感じたことに飛びつくのは早いのですが、継続が苦手。

そんな私が数か月続けられたというのは、私にとってはすごいことなんです。

 で!ようやく本題ですが、仕事として情報発信するうちに、今度は自由に文章を書きたくなってきたんです。以前にも思ったことがありましたが、「どうせ続かないかも」としり込みしていました。

でも今回は違います!私には数か月何かを更新し続けたという実績がある!!

 なんて自分を励ましつつ、冒頭の「note」を始めました。

面白いサービスなので皆さんもぜひ使ってみてください♪

(大夢)


2018-09-12

ナミアゲハ 

  鉢植えのレモンの葉が虫に食われていたので毛虫を探した。レモンの葉や茎の緑色に同化し、じっとしているので遠目では見過ごしてしまいそうだが、よーく見ると体長約3センチの幼虫がいた。何の幼虫か判らなかったので、すぐにネット調べてみると、普段よく見かけるアゲハョウ「ナミアゲハ」とあった。調べてみるといろいろなことが判ってきた。幼虫はさなぎになるまでに何回も脱皮を繰り返し、見かけも大きさも変っていくこと。まだまだ大きくなり、さなぎになる一歩手前だということ。目のように見える模様は「偽の眼」(赤の矢印)で、実際には別のところにあることなど・・・・。(実際の眼は青の矢印)
  世の中は便利になった。ネットを使って調べていくととても楽しい。自宅に居ながら簡単に調べることができる。写真もあり、鳥などは鳴き声もある。子どもの頃、夏休みに図書館に通い課題づくりをいやいやした記憶がある。課題を途中で投げ出し遊んでばかりで登校日があっという間に来てしまう。
  とうに還暦を過ぎたが、こういう調べ物が楽しくて仕方がない。知らないことを知るという喜びが解ってきた。子どものころにもう少し学ぶことの楽しさに気が付いていたら・・・・・・。
 
 (山ちゃん)
画像の説明

2018-09-13

整理と整頓

先日自席周りの片づけを行いました。

長年の思いのこもった制作物(セミナー進行カリキュラムや模造紙など)などの少し大がかりな片づけだったので、これまで何かにかこつけて躊躇してきたものですが、一人の同僚女性「断捨離娘」の仕切りによって、見違えるほどのきれいなスペースへと生まれ変わりました。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

 • 断:入ってくるいらない物を断つ。

 • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。

 • 離:物への'''執着'''から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的であるというヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。(やましたひでこ著書引用)

とのことでした。

 セミナーで行う「ビジネスマナー」の内容の中でも、「日頃から整理整頓が大事」と伝えながらも、私自らができていなかったわけですが、そもそも「整理」、「整頓」の定義は、

 •「整理」・・必要なものと不要なものを区別して、不要なものを捨てることを指す。

 •「整頓」・・見た目を整えて、配置すること。必要なものをいつでも誰でも取り出せるように、秩序立てて配置することを指す。

だそうです。

溜まった書類の中で、何がどこにあるのかわからない状態や、後で使うからといって結局いつまでたっても使わないものも、恥ずかしながら私の机上にはたくさんあります。

ある本では、「整理整頓ができないものは、仕事ができない」などと記載されているものもありますが、恥ずかしい限りです。

9月7日はごろ合わせでクリーナーの日だそうです。

あなたのまわりも見渡して整理整頓してみると、すがすがしい気分になって、また新たな気持ちで進んでいけるのではないでしょうか?

ちょっとさっぱりした「雀」でした。

(雀)


2018-09-19

1年に一度の日

今年度も無事に健康診断が終わりました。

私はここ数年は毎年9月と決めています。1年に1回と思っても正直1週間前ごろに書類を受け取る瞬間から憂鬱な日々でした。

ホントにホントに憂鬱な検査は10分程度で終わるし・・・

一生懸命に自分自身に言い聞かせました。当日は待合室で待っている間も他のことを考えて気を紛らわすのですが心臓だけが妙にバクバクしてきて・・・そのうち気持ち悪くなって

そんな健康診断を終えてやっと新たな1年がスタートです。(ちょっと大げさ~)

元気でなければ何もできませんしはじまりません。憂鬱だけど大事な健康診断。

毎年10月は「ピンクリボン月間」です。いろんな啓発イベントが実施されます。

老若問わず女性のみなさんは、是非はやめはやめに「乳がん検診」受けましょう!

(雪んこ)


2018-09-20

通勤時の楽しみ

松江と言えば宍道湖の夕陽が美しい事で有名だ。

しかし、私は夕陽ではなく朝の宍道湖の風景が大好きだ。

雲の多い松江…特に寒い冬の時期、霧の中に何艘も浮かんでいる「しじみ漁」の光景がなんとも美しい。

有難い事に通勤中、宍道湖湖畔を通るのだが、ここがなんとも渋滞する道路。

ゆえ、泣く泣く通勤路を変更した。

通勤時の癒しが無くなった。

が・・・

最近、新たな楽しみを見つけた。

それは、行き違う坊主頭の小柄な高校生だ。

なで肩ゆえずり落ちそうなリュック、真夏で焼けた小麦色の顔。

制服でどこの学校かはわかる。きっと優秀な生徒さんだろう。

(ここから歩いているの!?未だ距離あるよ!)次の日は、更に遠くから歩いて行くのを見かけた。

山間部なら8キロ10キロ当たり前と言われそうだが、ここは田舎とはいえ県庁所在地 松江だ。路線バスだって学校まで直行便がいくらでもある。

が、毎日少し疲れた顔をしながら歩いている。高校2年生くらいだろうか。

親はどんな親だろうか・・・部活はしているのかな?・・・スニーカーの劣化頻度はどのくらいなのだろう・・・

(おはよう!今日も良い一日で!)

彼に会うのが最近の通勤時の楽しみになった。

~とんぼ~


2018-09-21

島根の良さって

先日、松江に移住したIターン女性の相談対応をしている時に

「島根ってホントになにもないですよね」

「休日、なにをしているんですか?」

「給与水準低いのに、なんでみんな車持ってるんですか?」

「島根の人って、暗い人が多いですね」

「島根の人って、本音を言わないんですよね?」

などなど、島根県人に対するマイナスイメージをたくさん言われました。

この女性は関西出身。

島根に来たくて来たのではなく、婚約者の転勤でやむなく来られた、

連れて来られたという感じだから、余計だろう。

ここまでマイナスイメージしかない人が定住できるのだろうか…

という不安でいっぱいだった。

でも来られたからには、島根の良さを伝えないと…!

お仕事の紹介という任務よりは、不安を取り除いてあげるのが先決。

まずは、徹底的に話し相手になった。そして同じ境遇の方を紹介。

今まで介護の経験があったので、市内の施設に応募前見学に同行。

そこで、働いておられるスタッフの方から、島根の魅力について話された。

「古事記における出雲神話」について、歴史と文化のある土地だという

ことを語られた。彼女はとても興味深そうに聞いておられた。

さらに、利用者さんともお茶を飲みながら会話。

おじいちゃん、おばあちゃん達から、方言について説明されたり、

会話がなんともゆったりしていて温かい感じがした。

数日後、その彼女は、見学に行った介護施設で働きたいと言ってきた。

正直驚いたが、彼女は島根の良さに気付いたようだった。

その後、出雲神話について語って頂いたスタッフさんは、島根の観光案内

コーディネーターをされていた方だと判明。

入社後も島根の魅力について説明して頂けるであろう。

とても安心できる職場が見つかり、安堵した案件だった。

(繋)


2018-09-25

好きな食べ物

今日は同僚に「ソルティレモン」と名のついたドライフルーツを頂きました。

テンションあがります。

今日一日、これで頑張れると思った私。

そういえば、幼いころからイチジク煮や甘露煮

母が野イチゴを摘んで作るジャム

梅や渋柿を漬けたもの・・・など

フルーツそのままももちろん大好きですが

フルーツに手を加えたもの、加工されたものが好きなんだなとあらためて思ったのでした。

思い返せば隠岐に住んでいた頃は

柿は近所のおじいさんがとりにおいでと声をかけてくださって

またまた近所のおばさまに甘くする方法を聞いて

初めてドライアイスで渋柿から甘柿にに変身させたり

梅がいっぱいなってるから一緒に採ろうと声をかえられ

いっぱいいっぱいとって、フォークでつついて、ホワイトリカーで漬けたり

今思えばこんな経験から自然に生活の中で四季を感じていたんだなと思うのでした。

日々の生活に追われ、ご近所さんとの付き合いも減った環境の中でも

自分が好きなもののルーツや経験を思い出すことのできたドライフルーツ。

感謝しながら今日も一日頑張ります。

(おき)


2018-09-26

断捨離

県外の実家に帰省して自室の押入れを断捨離しました。

大学進学で県外に行く前にもあらかた整理して箱に保管していたつもりでしたが、

数年経って中を開けてみると、

お別れしても良いと思えるものが山ほどありました。

おもちゃや小物。子どもの頃大切にしていたものです。

これは□□で買ったキーホルダー。

これは○○ちゃんにもらったお土産だな。

こっちは5歳のときの誕生日プレゼント、ジェンガになぜかセロテープがべたべた貼ってある。

色のシールがはがされたルービックキューブ、お手上げになってズルした覚えがある。

この小石はピカピカきれいで公園で拾ったんだった。

意外と覚えているものです。

大切にしていたものでも、

申し訳ないけれど島根の生活では思い出すこともありません。

劣化やくすみが進んでいるものもあり、

今自分のいないこの家にこれらは必要ないんだと決断し、

さよならをしました。

きれいなものもありました。

カスタネット、鈴の入ったボール、けん玉、ヨーヨーはまだ使えそう。

まだ早いけれど、8か月の甥にカスタネットとボールをあげました。

気に入ったかは分かりませんが

おもちゃコレクションに入れてもらえました。

たくさん遊んでくれると、おばさん喜びます。

取り留めのないことで締まりが悪くなったところで

「喜びます」という島根らしい(?)言い回しで、初・財団つぶやきを終わります。

(こんぽた)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630