ダミーメイン

2019-03-01

島根はお弁当の品数日本一なんですって!

 先日通勤中のラジオできいたのですが、何でも島根はお弁当に入っているおかずの品数が日本一だとか。ちなみに、全国平均は「4.5品」で島根は「5.8品」なんですって!

 ということは約6品!よく、県外の人に「しまねは食も豊かですよ~」とお伝えすることがありますが、このお弁当のおかずの品数はまさにそれを表しているのではと思いました。

 お弁当の品数はここ最近急に増えたとかいうものではなく、地域に根差した食文化だと思っています。なので、昔からご飯+おかずたくさん!というのが島根の食卓で、お弁当にもその傾向があるんではないかと思います。

 美味しいものがたくさんあって、そして季節が変わると次々に海の幸、山の幸に恵まれ、ご近所さんから、「たくさんとれたから、どうぞどうぞ」とその幸が集まってくる。そんな様子が見て取れます。

 農業的な側面で見ても、島根はそもそも全国の生産高から見ると大規模な産地としてはぶどうのデラウェア以外には目立ったものはありませんが、その代わり少量多品種の米果樹野菜生産、そして和牛肥育や林業等をミックスして生計を立てるお百姓さんが多くいたエリアでもあります。我が家もそうでした。以前は漁師さんと野菜等と魚を物々交換してたと祖父から聞いたこともあります。

 そういった豊富な食の傾向がお弁当の品数に表れているのかなと想像したりもでき、このアプローチは面白いと感じました。今度県外の人とお弁当について情報交換してみようっと。

(つかさ)


2019-03-04

コハクチョウの飛来から思うこと。

この時期、宍道湖や田畑の多い家の周りで、よく見かけるようになるコハクチョウ。

コハクチョウについて調べてみると夏にロシアの北極海沿岸で子どもを産み、冬になると5000キロもの距離を飛んで日本にやってくるそうで、10月中旬に飛来し3月まで羽を休めるとのことです。

はじめて間近で見た時は、その大きさにビックリ!体長は120センチ、羽を広げれば2メートルにもなるそうで、テレビで見て自分の中でイメージしていたよりはるかに大きい。

そんな白鳥が鳴き声を響かせながら上空を飛んでいたり、宍道湖でまったり泳いでいたり。時には100羽はいるのではないかという群れになり畑で羽を休めています。

その様子は季節を感じる光景のひとつであり、島根が自然豊かな場所だと聞いていた通りだな、と感じる時でもあります。

今まで日常的に目にする鳥と言えばスズメやカラス、たまにハトをどこかで見かけるくらい。あまり自分の生活と関わりがあるとも思ったことがありませんでしたが、島根に暮らし、コハクチョウを度々、見るようになり、なんだかしみじみと同じ環境に生きているのだな、と思いました。

ふと思い返すと田植えをすれば、頭上でトンビが悠々と舞い、畑をおこせば白鷺が虫をつばみにやってくる風景が日常にありました。気づかなければ、目を向けなければ、自然と過ぎてゆくような出来事ですが、そんな時、季節を感じたり、住む土地や環境のことをぼんやり考えたり、鳥って自由でいいな~なんて思ったりしていました。

なんとなく眺めていた景色も、日常や日々の忙しさに流されそうになっている自分の気持ちをリセットするのにも、いい機会にもなっていたのかも、とふと思います。

空を見上げる心の余裕をいつも持っていられるようにできたらいいな~

(幸子)


2019-03-05

梅ざかり

今年は雪がとても少なかったからか、

梅の咲く時期はいつもより少し早かったように思います。

天気の良い日が少ない山陰の冬ですが、

今年はとてもいい天気の日が何日かあり、

満開の梅に青空が映える、という風景を何度か見ました。

あと3週間もすると桜の時期になります。

満開の桜の季節が今年も来ますね。

この間「明けましておめでとう」と新年のお祝いをしたはずですが、

あれよあれよともう3月です。

年度末に向けて、そわそわする時期ですね。

私が担当している事業も、次年度に向けていろいろと整えたり、

どうすると良くなるか、を考えているところです。

地盤をしっかり固めて、動きやすい形に整えておく。

その上で、新しいことやこれまでにない動きをする。

次年度もしっかり頑張ります◎

(は)


2019-03-06

繋がるようで繋がらない

知らない間に財団を通じてUIターンされた人達が繋がっている。

しかもその速さに驚かされる事が多い。

島根半端ないって・・・マジ神ってる!って思う(ちょっと古いですね)

そこから生まれる企み・・・からの商品化。素晴らしいと思う。

た・だ、、、どうやら男女の繋がりとなるとご縁の国なのに、どうも鈍いと近頃感じる。

みんな仲良しさんに留まっている。

ん~これでは出雲の神さんの御利益が無いと言われそうだ。

この仕掛けはやはり、財団の私達がしなければならないのかなぁ~

(とんぼ)


2019-03-07

【既来之,则安之】

3月に入り、三寒四温を繰り返し、春がやってきます。

同時に別れの季節でもあります。

卒業、就職、転校、転勤、異動、お引越しなど、環境の変化がありますよね。

頑張ろうとするけれど、なかなか受け入れられなかったりすることもあります。

今の職務上、いろいろな人生に寄り添います。

そしていつも思うことはどんな選択にも意味があるということです。

人生はいつも第一希望ばかりを歩けるものではありません。

そして必ずしも第一希望の道を歩くことだけが、自分にとって最良とは言えないし、

遠回りすることで気づくことも多いですよね。

この春から新しいステージ、不安な気持ちでいらっしゃる方も多いかと思います。

組織や団体の中で、自分の力では変えようのない状況のとき、思い出す言葉が

あります。

【既来之,则安之】

来たからにはゆっくり腰を落ち着けよう。

そうなってしまった以上、心を落ち着けて臨む方が好ましい。

という意味の言葉です。

最初は不安が大きいですが、とにかく1人で抱え込まずに…。仲間に聞いてもらう!

吐き出す!そして、なんとかなるさ!という気持ちでいきたいと思います。

(繋)


2019-03-08

暖冬

今年の冬は本当に雪が降らず、先日は冬用タイヤからの交換に踏み切りました。

島根に越してきてから最短記録です。

いつも12月から3月までは冬用タイヤにしていますが、今年は活躍の場面が本当に少なくタイヤの消耗ばかりが気になっていました。

ご近所さんから「もう春なんですかねー」と声をかけられながら、今年の冬がこれで終わってしまうことの不安を覚えてしまいます。

・雪かき…ほとんどしませんでした。

・水道管…全く凍りませんでした。

・道路の凍結…ほぼありませんでした。

冬の間は家からはほぼ長靴でしか出られなかったけれど、今年は数日だけでした。

この雪の降らなかった暖冬も温暖化という枠ならば、世界各地で起こっている様々な異常気象は今後まだ継続して発生する可能性が高いということを意味しているわけで、去年の夏は暑かった…よく雨が降った…等々直近で思い出すだけでも沢山の出来事があったけれど、この雪の少なかった影響がどう現れるのか、大きな影響が出ないよう願うばかりです。

ただ、こんな冬…決していいことではないとわかっていますが雪が少なかった分、車の汚れは例年の半分以下で洗車回数激減、気温は高めだったことから、身体の痛みを家族が訴えてくる件数も半分以下で色々な面で気持ちが楽ではありました。

(mina)


2019-03-11

がんばってるって素敵!

3月の就活解禁後、イベントやガイダンスなどの実施もあって、ジョブカフェしまねの利用も増えてきました。

その中で、3月3日のドラフト就勝は、私もスタッフとしてかかわったイベントでしたが、学生の頑張りに本当に感動しました。

通常は企業ブースに学生が趣き、いろいろな話しを聞くというスタイルですが、逆に学生のブースに企業さんが出かけ、学生のアピールを聞くというものです。

個々に伝え方や準備度に差はありましたが、それまでの準備でもしっかり時間をかけ、緊張しながらも伝えようと取り組む姿は、本当に胸を打ちました。

また出張セミナーでは、県立盲学校にお邪魔し、ビジネスマナー講座を開催しましたが、それぞれの障害の状態の中で、一生懸命他と関わりながらワークに取り組んだり、発表してくれて、本当に感動しました。

一生懸命取り組んでいる人はやっぱり輝いてますね!

奇しくも今日は東日本大震災から8年が経過した日です。

いまだ復興が進んでいない状況もある中で、一生懸命がんばっている人がいます。

私もできる限りの頑張りができるよう取り組んでいきたいと思います。

(雀)


2019-03-13

3月

今年の3月は島の高校の卒業式からスタートしました。

前日に港に着くと

「お、どげした?」

「卒業か!おめでとう!」

「足(車)はあるか?」

こんなあたたかい島の皆さんに見守っていただき

なんとか卒業式を迎えることができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

たくさんの別れや出会いがある3月そして4月。

就活も3月1日解禁となりました。

3月4日に開催したしまね企業ガイダンス

立て続けに合説、説明会等、就活生は怒涛の2週間ではなかったでしょうか。

行動することで様々な方々との出会いを引き寄せてほしいと思います。

そして、日々様々な変化が訪れてくると思います。

初めての就活で困りごと悩み事が出てくるはず

そんな時はどうぞジョブカフェに足を運んでください。

お待ちしています。

(おき)


2019-03-14

財団両事務所間さらに近づく

17日夕方に県内の高速道路・バイパスの一部が2ヶ所同時に開通する。

出雲多岐から大田朝山までの9km、江津から浅利までの7.5kmだ。

いずれも単身赴任先の浜田から松江までの間のコースだから、早く快適になるならば大歓迎である。

島根の高速道路の整備は遅れている。

最終的につながる予定の193.6kmのうち、開通済みは62%に留まる。

横に長い島根県だから、石見では松江に行くよりも広島の方が近い地域が多い。

物理的距離が近づけば精神的距離も近づくはず。

1年でも早く開通率100%になることを願う。

(蝮)


2019-03-15

就職活動に臨む皆さんへ

3月に入り、新規学卒者向けの就職活動が始まりました。また、新たな年度をふるさと島根で迎えるために就職活動をしておられる社会人の皆さまもたくさんおいでになることと思います。

私も今の職場は4カ所目。学生の頃には働くことの意味も深く考えず、「一部上場の大手企業に入りたい」「公務員は嫌だし、他人の金をあてにして稼ぐのは嫌だから銀行や証券はやめて、とりあえず自らモノ作りをして売る製造業で」くらいの考えで就職し、すぐに転職した経験があります。島根に帰るために30代後半で面接を受ける側だったこともあれば、逆にそれぞれの就職先で面接する側だったこともあります。

仕事を探す方も、人材を求める側もそれぞれに思いや希望があるわけですが、残念ながらそのギャップから入社後3年以内での離職者は少なくないようです。そして、それは求職者側、採用者側双方にあまりメリットがあるようには感じられません。

少なくとも今この文章を読み、職探しをしておられる皆さんがそんなケースに陥らないように、いくつかのポイントを整理しておきたいと思います。

(1)過去の言動で信憑性は量られる

 前職での面接で、「世の中の役に立ちたい」と動機を語った方が何人かいました。素晴らしい動機だとは思いますが、言葉だけでは思いの強さがわかりません。となるとその人の過去の行動で信憑性を探りたくなります。そこで「では、これまで世の中の役に立つために、あなたは何をしてきたのか」と尋ねましたが、多くの方の答えは歯切れが悪くなりました。実際に行動はしていなかったからです。

(2)その場しのぎの応答をしない

 前述のやり取りもそうですが、言動が一致しない人や答がコロコロ変わってしまう人はなかなか信用してもらえません。自身をよく見せるために誇張したり、本心でないことを話してしまうと、仮に面接をクリアできたとしても入ってから苦労することにもなりません。

(3)開き直って、等身大の自分で

 面接は緊張するものですが、仮に良い結果が出なかったとしても命がなくなるわけではありません。縁がないところに無理に入っても後で苦労するだけです。事前の準備は大事ですが、当日は開き直って頑張りましょう。

皆さんのご健闘をお祈りいたします。

(和)


2019-03-18

レジ袋

先日、松江駅横のローソン前にてエコ活動をPRするために

しまねSUPER大使の吉田君とエコレンジャー?がやって来た。

「No!レジ袋」のためのエコバッグを配ってくれたので喜んで頂戴したのだが、

もっぱら通勤のカバンとなるばかりで、一向にエコバッグとしての使用をできていない。

しまいには、そのバッグを持って買い物をしているにも関わらず、レジ袋をもらってしまって、後から気づくという始末。。。

普段から気にかけてないと習慣は身につかないものですね。。。

情けなし。

今朝、そのローソンでチョコとサンドウィッチを買ったら、シールだけ貼って渡してくれた。

どうやら私がそのエコバッグをカバン代わりにしている姿を見て、「あ、この人レジ袋いらない人だ」と勝手に判断してくれたようだ。

私が忘れているのに周りが気づいてやってくれるという、、、すみません。。

ちゃんとしたいものです。

(珈琲うどん)


2019-03-19

現場力

13日に、しまね×学生春フェスというイベントが初めて松江で開催されました。

youtuberのトークライブがあったり、企業さんからのおごりランチ交流会があったり、高校の卒業生もターゲットにしたりと、前例のない新しいイベント。

当日、スタッフとして動いた中で感じたのは、運営チームの臨機応変さがすごいということ。前例のないことをやる時は、普通不安が先行するし、イメージができずに動きにくさがあるはずなのに、現場での動きがスムーズすぎるのです。現場力がすごい、と皆が言いますが、それを痛感した1日でした。

そして、ちょうど今日19日は浜田でドラフト型の就職イベントが開催されました。自分が司会を務めるわけですが、直前までバタつき関係するスタッフのみなさんへの説明が後手後手に回っていたのに、みなさん臨機応変に動いてくれて、終わってみればトラブルなく良い出会いがたくさん生まれた良い会に。石見事務所の現場力も負けてない!と思えたのでした。ありがたい限りです。

きっと現場力に甘えずに前倒しで仕事を進めなさいと怒られそうなので、気をつけます。ご迷惑をおかけしたみなさま、ごめんなさい&ありがとうございました!

(七)


2019-03-21

一つの時代の終わり

メジャーリーグの日本開幕戦をテレビ観戦していたところ、まさかこの日が突然訪れるとは思いませんでした。

「イチロー引退・・・」

日米通算28年の現役生活に幕を閉じました。

プロ野球選手という枠を超えた世界的スーパースターです。私は同世代ですが、昔からその生き方や考え方にすごく尊敬の念を感じずにはいられませんでした。

イチローがメジャーリーグに挑戦して、活躍しつづけているとき、毎日本当にワクワクしていました。華麗なヒットや守備で多くの方を魅了し、打ち立てた記録は数えきれないほど。それだけでなく、そこに至るまでどれだけの努力をしているのかを考えると余計に応援したくなりました。

今は、一つの時代が終わったというとても寂しい思いがします。もう二度とこんな人は出てこないだろうなと思います。

最後に、イチローの引退会見で心に残った言葉を二つほど。

「自分が熱中できるものを早く見つけてほしい。それが見つかれば立ちはだかる壁にも立ち向かえる。いろいろなことにトライしてほしい。」(子どもたちへのメッセージ)

「一気に大きな成果は出ない。一つ一つの積み重ね、地道に進んでいくことが大事。」

(O)


2019-03-22

異動

先週、異動の内示を受けました。

今年度他部署から異動してきたばかりだったので、正直、来年度再来年度に向け、やりたいこと、やらなければならないと思っていることがうじゃうじゃとあり、あまりに道半ばで今の課のみんなには、本当に心苦しい気持ちです。

予想外の早い異動に、今一度、私なりに異動に際しての心構えってなんだろうと考えてみました。

異動とは、、

い:居場所に関係なく

ど:どこに身を置こうが

う:動きをとめない

ことかな、と思うことに決めました。

~竹矢っ子心の俳句“今の部署のみんなへ”~

異動して 部署が変われど 仲間だよ

※異動したからこその、部署間連携をしっかりやりましょう!!1年間このメンバーで仕事ができて、私は本当に幸せでした!!

~竹矢っ子心の俳句“行く先の部署のみんなへ”~

トリセツを(私の) サイボウズにて 送ります

※私の話しを笑って聞いて、時々褒めてくれると、いい働きをする、ということが書かれています。一緒に頑張りましょう!エイエイオー!

~竹矢っ子心の俳句“財団を卒業される皆さんへ”~

財団で 過ごした日々を 糧にして

※皆さんの一人一人の力が、かけがえのない財団の糧になりました。皆さんも、財団での経験を糧に、新たな職場でさらなるご活躍を願っています!!

 

(竹矢っ子)


2019-03-25

4年間ありがとうございました!

4年間勤務した定住財団を離れることにしました。

この4年間を振り返ると、笑わない日はなかった!と

言いきれるほどに、本当に本当に楽しかったです。

失敗や反省すべきことももちろんありましたし、

仕事の難しい課題をクリアしなければならなかったときもありましたが、

チームワークとアイデアと笑顔で乗り切ることができました。

こんなにすがすがしく旅立てるのは

ひとつひとつの仕事に正直に向き合ってきた自信と、

同僚の皆さんはじめ、いろんな方にサポートしていただき、

社会人として成長することができたからだと思います。

自分で言うと変ですが、入社当時社会人3年目の私から

4年たった今の私は、成長した!

と言ってもいいのではないかな?(自意識過剰?)

最後になりますが

定住財団の皆さん、企業の皆さん、業者の皆さん、

4年間大変お世話になりありがとうございました。

島根の未来を支えるため、

これからも楽しい笑顔あふれる職場でありますように!

(こんぽた)


2019-03-26

ありがとう。

先日、「しまね企業ガイダンス(浜田会場)」の無料送迎バスに添乗するため、

ジョブカフェでさせていただくお仕事としては最後の、広島出張に行きました。

これが最後かと思うと寂しくなるもので、浜田から広島行きのバスの窓からの風景や、浜田までの無料バスの中からも写真を撮って告知のツイートをしたり、道中もじっくり味わいながら仕事をさせていただきました。

この4年間でバスの添乗は何回させてもらったでしょうか?

最初は、運転手さんと合流できるか、学生さんが来てくれるか、不安が多くて、しつこいくらいに確認したものです。

それが今回、キャンセルが多く、当日ドタキャンもあり、以前の私ならあたふたして大変だったと思いますが、今回は、どーーーーんとしていて。。。(←いいのか?

その変化がなんだか嬉しかったのです(←ほんとにいいのか?

私は社会人23年目に定住財団に入職しました。ベテランのはずでしたが、定住財団に転職してきたときは、知らない・わからない・できないことだらけで、積み上げた自信はガラクタでした(笑)

そんなポンコツが今までやって来られて、しかも楽しく、最終的には今までしてきた仕事や経験を全て融合する様な仕事をさせてもらえたのは、この財団のみなさんの『懐』の深さのお蔭です。

また新たな自信を、一つづつもらった貴重な4年間でした。

感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

(みのり)


2019-03-27

新卒の就職活動

いよいよ就活解禁となりましたね!

就活生の皆さんは、準備はいかがでしょうか?

新卒からの3年間は重要と言われ「まずは3年間同じ会社で働くべき」といったことを

聞きくことがありますよね。

ちょうど私は社会人になって3年目の年ですが、自分や周りの人を振り返ってみると、

確かにこの3年間は本当に貴重な時期で色々な経験をして成長した(育てていただいた)期間でした。

1年目はとにかく分からず、2年目で流れがわかってきて、3年目でようやく自分のしたいことが見えてきて

少しずつできるようになってきたかなと思います。

3年経つと見える景色が違ってくるのは本当だと実感しています。

ここまで、自分も悩むことは数えきれないほどありましたが、辞めずに続けることができたのは、

もちろん周りのステキな先輩方のおかげもありますが、

就職活動で沢山の企業を見たうえで「ココしかない!」と自分で決めたからだと思っています。

最近はネットで企業を調べて個別企業説明会に申込み、すぐに試験を受けて内定を貰ったり、

また、多くの企業さんと接触せずに(売り手市場という事もあり)

早期に内定を貰って就活を終える方も多いと聞いています。

早期に内定を得られることはもちろん良いことだと思いますが、

内定を貰ったからと言って安易な就職決定になっていないか考えてみてほしいです。

やっぱり色々な企業(業界・業種)を知ったうえで

自分が納得できる就職先に決めた方が辛いことがあっても乗り越える力になると思うからです。

そうは言っても、自分が納得できる就職先といってもピンと来ないですよね?

でも、大丈夫です。一人だけで就活を進めていくことは大変ですが、

ジョブカフェしまねではあなたの興味関心を掘り下げる自己分析や

適職診断などお手伝いする個別カウンセリングを実施したり、

皆さんが多くの企業さんと出会えるように企業ガイダンスや就職フェアといった

合説など就活に役立つイベントを実施していますので、ぜひ、利用してみてください。

皆さんが色々な企業さんと出会い、納得できる就活を応援しています!

(今井)


2019-03-28

GWエア旅行

 今年のGWは10連休ですね。皆さんはどう過ごされますか?もう計画を立てておられますか?わたしは最近子どもが生まれたので、今年のGWはどこかに遊びに行くことはしません。ゆっくりと家族ですごしたいと考えています。

 しかし10連休なんて後にも先にもないことです。計画を立てるだけならお金はかかりません。わたしは某検索サイトで宿泊先の検索をしてみました。もう1か月後のことなので、宿泊場所なんて全然ないのかと思っていました。でも東京や大阪、結構空いてます。しかもお手頃な値段です。それはそうですよね。出張に出かける人もないし、旅行に動くのはむしろ大都市の人ですよね。

 ではいったいどこの地域の宿泊が取れないのだろう。そう思ったわたしは、5月1日から2泊3日、大人2人という条件で、国内の主に県庁所在地と、私でも知っている有名な観光地域を検索しました。するとやはりあります。もう予約がいっぱいで宿泊困難なところが。刻々と更新されるデータですので、お暇なら皆さんもやってみてください。私がここに書くのは3月17日夕方の検索結果です。

 宿泊場所がまるでなかったのは全国で2か所でした。1つは高知市、そしてもう一つは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲!!!!!

島根県として検索してもたった2件しか宿泊先がありませんでした!こんな県他にありません。たくさん人がくるんですね。ありがたいことです。これを機にまたファンが一人でも増えるよう私も頑張ろう。

(宿泊先がもとより少ないとか、検索範囲の指定の仕方が偏っているなど、客観性に欠けるデータですから、この話はくれぐれも個人的な楽しみとしてお考え下さい)

(フラタビト)


2019-03-29

早いもので3年が過ぎ

早いもので、定住財団にきて3年が過ぎ、最後のひとりごととなりました。

この3年間、「若年者の県内就職の促進」、「県外からのUIターンの促進」、「活力と魅力のある地域づくり」の三本柱のもと、元気いっぱいの財団スタッフと一緒に、UターンIターンフェア、企業ガイダンス・就職フェアや地域づくりオールスター祭りなど様々なイベントを開催し、飛び歩いていたこともあり、本当にあっという間に過ぎた気がします。

また、財団内部の各種イベントは、スタッフのアイデアが満載されたものであり、心から楽しむことができました。まさにこれぞ財団の真骨頂を発揮したというものでした。

人生の中でも、財団で過ごした3年間は、忘れることのできない、かけがえのない時間となりました。4月から県に復帰しますが、財団でスタッフのみんなからもらったパワーを糧に頑張っていきたいと思います。

3年間ありがとうございました。

みなさん、引き続き定住財団への熱い応援を引き続きよろしくお願いいたします。

フレ!フレ! ふるさと島根定住財団

(rice)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630