ダミーメイン

2019-04-01

令和に向かって

今日、新元号「令和」が発表されました。新年度も始まり、気分も一新される思いです。

財団でも、この来たるべき新時代に向かって、先般、理事長より運営方針が発表されました。長文ですので全文を掲載しませんが、組織全体にかかる中で、最も重要なものは以下の2つだと私は理解しています。

(以下一部抜粋)

改元の年を迎え、様々な分野においてこれまでとは別の価値観、違う考え方に基づく仕組みに変えていかねばならない。

事業を円滑かつ効果的に実施するためには、組織体制が柔軟かつ強固であることが何より重要である。

実は2月にある学校で人権講習を依頼され、強くて柔軟なつながりについて、以下のように話させていただいたことがあります。

(以下、パワーポイントの原稿より抜粋)

【原稿①】

「同じ」と「違う」 どちらが仲良しになれますか? どちらが大事だと思いますか?

(ここで挙手を求めると、ほぼ全員が「同じ」に挙手)

【原稿②】

皆さんにお伝えしたいこと

・「同じ」を大事にしすぎると「違う」を排除する可能性がある

・「違う」を認め合って「仲良く」ができれば最強になれる

・そのために必要なのが話し合いと判断

【原稿③】

人が判断する基準3つのレベル

・レベル1 好きか嫌いか(したいか、したくないか)

・レベル2 損か得か(したほうがいいか、よくないか)

・レベル3 善か悪か(正しいか正しくないか)

子どもの挙手でわかるように、日本人は「違う」よりも「同じ」を好む傾向が強いように感じます。賛否両論あるでしょうが、私は「違う」を乗り越えて「同じ」方向に向かっていく組織こそ、強固なものだと考えています。また、違う人たちの集まりこそ、新しい価値観が見出しやすくなるのではないかとも思います。

また、「違う」を乗り越えて結束するには、客観的な議論や判断が重要で、好き嫌いでの判断や主観のゴリ押しでは物事はうまくまわっていきません。そのことは、昨今の某大国の国民分断や隣国とのかみ合わない関係を見ても明らかです。

今日から、また新たに11人の違う個性を持ったメンバーが財団の仲間入りをしてくれることになりました。新旧力を合わせ、一緒に議論し、きちんと判断しながら新しい価値観や仕組みを見つけられればと思います。

今年度も「現場主義」、「前傾姿勢」を大事にしながら職員一丸となって邁進したいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(和)


2019-04-02

石見事務所は今年度も元気デス

当財団の拠点は松江市と浜田市の2箇所。

浜田市にある石見事務所では、訳あって数人少ない体制で今月は乗り切らなくてはいけない。

そのため、担当業務の枠を超えた協力体制をとることにした。

新年度がスタートし、かなりの非常事態にもかかわらず、心配したほどのギクシャク感がない。

改めて考えると、担当枠を超えた協力なんてのは、これまで石見で実践してきたことそのものだ。

松江事務局と比べて、規模は小さいながらもほぼ同じ業務をこなす石見事務所。

それに必要なのは、忙しい他部門にすぐ手を差し伸べられる距離感。

すべての部門が一つの島に同居する配席で、喜びも苦しみも共有する。

都市部と違い、限られた社会資源の石見で1件1件取りこぼしのないよう大事に寄り添いながら、今年度も石見の元気出しに少しでも貢献していきたい。

(蝮)


2019-04-03

節目の年

平成から令和へ。元号が変わる節目の年。

私自身も今年度で定住財団在籍10シーズン目を迎えることとなりました。

気持ちも新たに頑張っていこうと思います。

節目と言えば、島根県のNPO支援においても「島根いきいき広場」「しまね社会貢献基金」10周年。島根県内のNPO法人認証第1号誕生から20周年を迎えます。

そして、これらの出来事に加え、今年度から新たにスタートさせる事業も。

クラウドファンディング「FAAVO島根」を立ち上げようとする団体にアドバイザーを派遣する「クラウドファンディング活用支援事業」をスタートさせます。また、「地域おこし協力隊」と「しまね社会貢献基金」の支援業務の一部も当財団で担うことになりました。

変化を恐れず、かつ、原点を忘れずに取り組んでいきたいと思います。

今年度もよろしくお願いいたします。

(スマイル(^▽^)/)

◆県民活動応援サイト「島根いきいき広場」

https://www.shimane-ikiiki.jp/

◆「しまね社会貢献基金」

https://www.pref.shimane.lg.jp/admin/nonprofit/kikin/

◆「FAAVO島根」

https://faavo.jp/shimane


2019-04-04

感謝と頑張り

新しい年度になりましたね。

この時期になると、進級、進学した時のことや社会人になった時のことを思い出し、

心新たに頑張ろうという気持ちになります。

新生活と言えば、我が家も2人の子どもが、4月から保育園に通うことになりました。

これまでは、上の子だけ週数回の一時保育に行っていたのですが、

この春からなんとか2人同じ保育園でみてもらえることに。

親としては、色々な期待や不安、様々な思いがありますが、いま改めて思うのは、

この2年間、一時保育で通った保育園や子育て支援センターを利用させていただき、

本当にお世話になったということです。

週2~3日の一時保育でしたが、人見知りで恥ずかしがり屋の我が子を、

保育園の先生はとても暖かく見守ってくれて、家に帰るといつもテンションMAXでした。

また、一時保育がない日は、ほとんど子育て支援センターを利用させてもらいました。

広いところで、子どもたちはのびのびと遊べましたし、センターで友達もできました。

保育園に通えなくても、ここで友達と接することで、心も大きく成長したと思います。

妻にとっても、支援センターに行くことで、同じくらいの子を持つママ友と

知り合えたことは本当に大きかったようです。

子どもが、保育園での生活をどれくらい意識しているのかは分かりませんが、

1日も早く新しい環境に慣れて、頑張って欲しいものです。

そして、子どもに負けないよう、私も頑張っていきたいと思います。

(京)


2019-04-05

4月は〇〇なシーズン

 4月になると色々な人が挨拶に来られたり、またこちらからご挨拶にうかがったりします。

 その際、久しぶりにお会いする人がいると嬉しいものです。

 「いやぁ久しぶりですね!またよろしくお願いしますよ!」

と挨拶をして名刺を交換するのですが、お互い感覚は若い頃のままでも、名刺交換をするとお互い立場が以前と変わっていたりします。

 そういうときにはっと気がつくことがあります。

 立場が変わるという事は、以前とは求められている仕事も変わっているということです。

 感覚は以前のままでも、気がつけば以前頼りになったあの頃の先輩方と同じ立場になっていたりします。

 それにも関わらず、あの頃の先輩方と同じ仕事ができているとはとても言えない状況だなと、自分の名刺を取り出しながら思うのです。

 4月は大切なことを再認識させてくれるシーズンでもあるなと感じているところです。

(つかさ)


2019-04-08

大所帯

この春から新しい職場で仕事をすることになった。

自分の席から見渡せる広いフロアでたくさんの方が働いていらっしゃる。

自分が勤めた職場では「6番目」に人数が多い職場だ。

この「6番目」という数字は、どう映るのでしょうか。

えっ、ここより多い職場があるの? ですかね?

いずれにしても、まずは、なるべく早く顔と名前を憶えなくちゃ。

皆さんよろしくお願いします。

(テニスマン)


2019-04-09

スタート

4月1日 財団新規スタッフ研修中に「令和」と書かれた文字がとびこんでくるという、私にとって歴史的なスタートとなりました。

新しい職場での仕事には慣れない環境や、新しい人との出会い等、いろいろ大変なこともあるのだろうと想像していましたが、なぜか私にとってその疲労感が心地よく感じられた一週間でした。

週末には家族と松江城のお花見~武者行列見物とリフレッシュ。

give-and-takeではなくContribution(貢献)だ!・・・それもちょっとおこがましい。

   とりあえず、やってみよう!進んでみよう!

   (あっちゃんおばあちゃん) 画像の説明

2019-04-10

花笑み

 この春、隠岐から松江での新生活を始めました。どうぞよろしくお願い致します。

 少し不便な暮らしから、手を伸ばせば何でも手に入る暮らしに変わり、安堵感の中にどこか寂しさを感じています。『暮らし』というものが人に与える影響は、とても大きいように思います。

 そんな時、心の寂しさを和らげてくれるのは、街路や河原の土手を彩る桜、地域の方が植えられた水仙、道の駅で売られるチューリップといった花々です。そこにあると自然と笑顔になれる、そんな花々の持つパワーに元気をもらっています。花を見る度に笑顔になれる私の気持ちを確かめると、ほっと安らぎます。

 島根の離島・隠岐諸島では、隠岐から離れる方がいる際、紙テープをはり、エールを送り、フェリーが見えなくなるまで手を振り続ける『見送り』が文化として根づいています。見送りの度に、送る時も送られる時も、『また会える』そう言い聞かせても、別れがこれほど惜しいことはありません。私も見送られることを三度経験させてもらいましたが、毎度花束を頂きました。その頂いた花束に添えられた言葉が「花笑み」でした。

 この言葉の意味は、『花が咲くこと。また、人がほほえんでいるのを咲いた花にたとえていう語。』です。隠岐での暮らしを笑顔で過ごせたこと、そして、これからも笑顔で人を元気にする人であり続けて欲しいという友人からのメッセージでした。花を見て笑顔になり、元気をもらう自分を感じるたびに、この友人からの言葉「花笑み」を思い出します。そして、新しい生活の中でも「花笑み」を感じられる人でありたいと心に決めています。素敵な言葉をくれたものです。

 新生活で少しお疲れの方、「花笑み」と心の中でつぶやいてみてください。きっと、心を軽くするあなただけの花と大切な方の笑顔が咲きますよ。

(ひつじ)


2019-04-11

はじめまして

4月1日にふるさと島根定住財団に入職して1週間と少しが経ちました。

日々多くの新しいことに触れ、頭の中がいっぱいになりつつありますが、なんとか追いついて頑張っていきたいと考えております。

私自身は島根県の西部出身です。

島根は東西に長い県ですが、それぞれの地域に違った魅力があるところが大きな特色だと思います。ふるさとである益田に思いを馳せると、石見神楽や雄大な海岸線などの自然が思い起こされます。対して、以前松江に住んでいたことがあったのですが、その時はお茶の文化が人々の暮らしに根付いていることがとても印象深かったです。また、最初は慣れなかった方言ですが、時間が経つうちに心地よさを感じるようになっていきました。

その他にも、いくつかの県内のまちに住んだことがあり、その度に新たな魅力を発見してきました。

これから、財団の一員として過ごす中で、さらに多くの島根の魅力に触れていくことがとても楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。

(の)


2019-04-12

ミニマリスト

この春から財団で働き始めた職員です。慣れない仕事ばかりで緊張の連続です。この春新生活をスタートされたみなさん、少しは慣れられましたか?私は慣れない仕事にまだまだ緊張の連続です。

新生活に伴い、5年ぶりに引っ越しをしました。引っ越しを決めたとき、今回は必要最小限の荷物で引っ越そう!とにかく捨てる!目指せ「ミニマリスト!」と決め、勢いよく荷造りを始めましたところ、5年間一度も開封されなかった段ボールをいくつか押入れの奥から発見しました。開けてみると、懐かしい写真やはがきや手紙、もらいものなどでした。いちいち懐かしんでいたので、案の定荷造りははかどらず、時間はなくなるし、捨てるもの、残すものを考えるのがだんだんめんどうくさくなり、そのまま再び段ボールは閉じられて、引っ越しのトラックに積まれました。そして今は再びそのダンボールが開けられるのはいつ?と言わんばかりに新居の部屋の隅っこに居座っています。“捨てられない性格を捨てる”ということが一番難しいだ、と改めて思いました。

(こはるとてん)


2019-04-15

春、新たな気持ちで

4月から新しくふるさと島根定住財団のスタッフになりました。

前々から興味のある組織でしたので、メンバーとして携われること、とても嬉しく感じています。島根を盛り上げる裏方としてこれから頑張っていきたいと思います!

今後は仕事を通しても島根の良さ・魅力を身肌で感じていけたらと思っています。知っているつもりになっている島根のこと。

改めて発見していきたいと思います。

わくわくする気持ちを持ちながら、進んでいきたい!

そんな気持ちの春です。

どうぞよろしくお願いします。

(オレンジ)


2019-04-16

『決め手は、一生懸命さ』

私が初めて社会人になった初日の入社式で、当時の副社長から伝えていただいた言葉です。

会社説明会に始まり、4次試験まで進み、遂に念願の内定を手にした私たちに贈ってくださいました。「一生懸命さって何だろう?」自問自答しながら社会人生活を送ってまいりました。

その後、ご縁のあった他企業において、人事に携わることになった私の指針も「一生懸命さ」でした。これから一緒に働く方々に求めるものが、やはりコレだったのです。

そして今春・・・

私は新たに財団スタッフの仲間入りを果たしました。

あの頃自問自答した『一生懸命さ』が果たして伝わっているだろうか?

私にとってこの言葉は、どんな職種でもどんな職場でも、キーワードとなって、時折初心に還らせてくれます。時には叱咤激励され、時には温かく見守ってくれる言葉。

この一年間、不器用な私はまた愚直に一生懸命に走り続けるのだと思います。

ランナーズハイのように心地よく。でもこれがわたしなんだ!!

毎年春が来るたびに思い出します。フレッシュだったあの頃。決して無駄ではなかったこれまで過ごしてきた時間という宝物のことを。

(グリーンアップル)


2019-04-17

平成最後の・・・

もうすぐで新元号に代わる今年の春は、私にとっても変化の多い春です。

財団のスタッフとして仕事を始め、新居へ引越し、息子も小学校へ入学・・・

新しい環境に戸惑うこと、初めてで慣れないことも多いのですが、

変化のある生活が好きな私としては、刺激的でワクワクの多い毎日です。

そんな今、私を悩ませるのが“物欲”です。

新しい家具♪ 新しい服♪ 新しい○○♪

そこに加えての「平成最後のスーパーセール!!!」という誘惑。

寝る前の1時間で恐ろしいほどのワンクリックをしてしまいました。

もうすぐ届く、たくさんの宅配便たちを心待ちにして、

平成最後の2週間を楽しみたいと思います♪♪

(まるまる)


2019-04-18

キャリアアドバイザー、ファッションアドバイザーに出会う!

4月からキャリアアドバイザーという職種で仕事をすることになりました。よろしくお願いします。

さて世の中には色々な職種(会社の中での役割)があります。先日洋服を購入のため専門店に行き、ファッションアドバイザーの方に丁寧に対応して頂きました。業種は違えども同じアドバイザー。会話を通して思いついた共通点について考えてみました。

① 話を通して来ていただいた目的を必ず確認します。

② 専門的なこと・ものについて説明をします。

③ 必要に応じて相手のことを考えアドバイスする場面もあります。

④ 選択肢など提案することもありますが、最後に決めるのはご本人。

またプロ意識や経験など他にもありますが、長く働いて身に付けていくものもあります。

今回のことで職種の共通点など書きましたが、就活中の方であれば営業や事務なども同様で相違を調べてみるとおもしろい発見があるかもしれません。機会があればやってみてください。

長文になりましたが、今後も読まれた方に役立つ話(たまにそうでない場合もあり)を書いていこうと思います。

(はんなり)


2019-04-19

入社してから3週間が経ちやっと仕事にも多少は慣れてきたこの頃です。

皆さん優しく丁寧にご指導してもらえるので大変ありがたいと思っており早く仕事をマスターしてふるさと島根定住財団の一員としてふさわしい人間になりたいです。

ただ仕事だけではストレスもたまるのでストレス発散としてカラオケによく行っています。春だということもあり森山直太朗さんの「さくら(独唱)」を直太朗さんのものまねで歌うことにはまっています。直太朗はきれいな歌声を持たれているのでなかなか完全にコピーすることは難しいですが出だしだけでもものまねできればと思い日々努力をしています。

(直太朗)


2019-04-22

新生活

初めまして今年の4月からこの職場で働くことになりました。

接客が苦手で今まで避けてきましたがご縁があって毎日たくさんの人と関わる仕事をすることになりました。

入社したてはすべてのことに不安しかなかったですが2週間が経ち、仕事内容などを優しく教えてくださる職員さんたちのおかげでだいぶん慣れてきました。物覚えが悪くてまだまだ他の方に聞かないと分からないことでいっぱいですがどうぞよろしくお願いします…!!

(わわわ)


2019-04-23

かほうはねてまて!

 「かほうはねてまて」という言葉がありますが、皆さんはどんな漢字表記を思い浮かべるでしょうか?…

 さて、「かほう」とは「因果応報」に由来する言葉です。原因があって、その原因に基づいた結果として表れる事象を「果報」といいます。「果」とはどちらかというと善い事象であり、「成果」「果実」等に広く使われています。「報」はあまり善くない場合が多いようです。「報復」や「むくい」等というイメージにつながっています。

 そこで、「果報(因果応報)」が表れるのを「待つ」にはいったいどうするべきなのか?…

 よく一般的には「寝て待つ」と言われています。「今までの言動は取り返しのつかないことなので、寝ながら(ジタバタしないで)結果(果報)を待つのがいい!」と解され、「果報は寝て待て」と言われるようになってきました。

 ところが、仏教界では解釈が全く違います。「今までの自分の言動の結果(果報)が表れてくることになるのだから、どんな結果が表れてきてもその結果に対応できる手だてを考えながら待とう(準備)しよう」と、どちらかといえば積極的に、前向きに生きるようにと戒めの言葉として使われているのです。

 そうです。「果報は練って待て」なのです。…

(Friday)


2019-04-24

新たな時代を前に

 今年から、発展途上にある国の女の子を支援する活動に、ささやかですが、個人的に一部参加させてもらっています。

日本でも、医学部入試をめぐる女性受験者の問題等がクローズアップされていますが、発展途上の国にあっては、女の子だというだけで、必要最低限の教育すら受けられなかったり、自分の意思は無視された結婚を幼いうちに強要されたりと、さらに厳しい現状にさらされる例が後を絶ちません。

 貧困、意識、風習、家族制度……その背景に横たわるものは、一筋縄ではいかない課題ばかり。それでも、世界的な支援団体の活動によって、少しずつ状況が変化していくレポート等を読ませてもらい、“ささやかでも、まず行動すること”の大切さを感じます。

 新しい時代が目前です。「令和」の言葉に込められた願いを胸に、一人ひとりがしっかり自分の花を咲かせていけるように、公私ともに、まずはささやかでも動いてみることから、始めてみたいと思います。    

(でんでんむし)


2019-04-26

平成最後のひとりごと

 昨年10月下旬以来半年ぶりの「ひとりごと」です。そして平成最後の「ひとりごと」となりました。

 GWを過ぎると令和がいよいよスタートしますね。まだまだ実感がわいてきませんが、改元を契機にこれまで以上に穏やかで暮らしやすい島根になってほしいと願っています。

 そのためにも、財団での職務を通じて定住人口や関係人口がこれまで以上に増え、地域に元気が取り戻せるような状態にしたいものです。引き続き島根に関心を持っておられる方などに島根のことをしっかりと伝えていきたいと思っています。

 伝えなければならない情報はたくさんありますが、今年は時間が許すなら、田舎ならではの新鮮な野菜や魚の美味しさ、日本海に沈む夕日の美しさ、山々の緑と谷を吹き通る風の匂い、そして元気にあいさつしてくれる小学生の笑顔など、ささやかな事ですが日々の生活で私が実感している“幸せな気持ち”を添えて伝えていきたいと思っています。

(青蛙)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630