ダミーメイン

2019-05-10

令和最初のひとりごと

「令和」になって数日が経過しましたが、事前に予告されていたおかげもあって、改元による大きな問題はなく過ごしております。

さて、私はこれで「昭和」「平成」「令和」と3つの元号を生きることになりました。

私には明治生まれの曽祖父がおり、まだ存命の頃子どもだった私には、明治とはヒストリックと言うよりファンタジックでした。

ですから昭和50年代(更に昭和の日)に生まれた私はそのうち令和の人にファンタジックな昭和の人間と映るのでしょうか。

そんな昭和の私が常々思うことを一つ。

 

最近はとかくインターネットで簡単に情報が集まります。

またその匿名性から何でも書き込むことができ、物事の真意よりGoodの数で人々の目に留まります。

中身より見た目やインパクトを好むようですね。(いい記事は中身もいいですが)

そしてネット社会では情報は降ってくるものではなく自分から取りにいくので、

自分に都合の良い偏った情報が入りがちになってしまうものです。

そしてそんなネット社会にいると自分が経験していないことでさえ真実に思えてくることだってあります。

例えその情報源がいい加減なものだったとしても。

 

ネットはこれから成熟していく社会・分化なので、いい方向へ変わっていくのでしょうが、現状では怖さを感じます。

人は経験しないと分からないことは本当に多いと思います。

疑似体験や人から聞いたりして知った内容は脆くてフワフワしています。

もし、その真偽を問い詰められ、切羽詰まったのなら「○○に書いてあった」等逃げることができる便利さがあります。

しかしそれでは、それまで自分が信じていた事をその度否定することになってしまいます。

そういう生き方では何かに縋ったり怯えたり、何かのせいにして過ごすことになるのではと思います。

 

経験には、辛かったり受け止め難いこともあります。その色々なものを抱えて自分が出来上がっていくと思います。

そしてその自分でしか分からないこと、見えないことがきっとあると信じています。

それがいつか誰かの役に立てれば、本望だと思いながら。

私はどんな時代でもそれが大事だと信じているのです。

(つかさ)


2019-05-13

読書しよう!

ここ最近、本を読まなくなっている。正確に言うと、しっかり時間をとって本読みに没入する機会が激減している。せいぜい通勤電車のなかで読む程度なので、せっかく買った新刊も、なかなか読了しない。

なぜだろう…、年齢のせいだろうか…。それがないとは言わないが、1~2年前まで、夢中で読んでいたデービット・アトキンソンさんの本もあまり読まなくなっている。

スマホを見る時間は減っていないのに、読書時間は減っている。これは自分にとって由々しきことではないだろうか。スマホから取得する情報は、どうも自分の好きな趣味領域の情報ばかり選択してしまい、それは脳への刺激につながっていないように思える。

やはり、読みながら「自分ならどう考えるかな?どうするかな?」と考えることが読書の良さだろうし、それをしなくなっている自分に少し危機感を覚えている。このままでは次第に「阿呆」になっていくのではなかろうか…。

負けないぞ!

(たまみね)


2019-05-14

先輩役としてのプレッシャー

石見事務所に5月から仲間が加わりました。

仲間が増えて純粋に嬉しいという感情が9割、残り1割は先輩役としてしっかりしなきゃという不安です。

石見事務所では、松江事務局と連携しながら事業の一部を担う仕事や、他機関と連携しながら進める石見特有の仕事も多く、日々の作業がそもそも必要な理由や事業の全体像が理解しずらい場面も多々あります。

だからこそ、新人として石見事務所に配属になる場合には、先輩役がいかに丁寧に理解を深めるサポートができるかが重要だと思うのです。3月末に退職した後輩には十分にそのサポートができなかったという反省を活かして、新しく入った仲間とともに先輩としての自分も成長させていきたいと思います。

石見事務所がさらにパワーアップすることをどうぞご期待ください。

(七)


2019-05-15

県内企業と学生の就活について思う

県内企業と学生の就活応援をするお仕事に変って1ヶ月強が経ちました。

 

就活ルールの変更など情勢が大きく変わろうとしている節目ですが、今年度においては既存ルールでの事業運営となり、いかにその設計の中で成果を出すか、就活生と企業に寄り添った対応を尽くせるのかということに無い知恵を絞っています。

 

先日、松江市の老舗スーパーが閉店するというニュースが流れました。

40数年の歴史に幕を閉じるそうです。

 

人口減少が私たち島根県の課題ではありますが、気づけば(マクロを考えた結果ではりますが)全体調整や事務作業に埋没することがあり現場に目線や体を動かした取組が不足してしまう毎日があるように思い、反省する日々です。

 

イチ企業については、人材獲得は「島根県の」ではなく我がことの、喫緊の課題であり、就活生にとっても人生に一度かもしれない人生の転換期の決断だ、ということを改めて認識しないと、と日々流れてくる新聞記事や、就活生たちが投稿する「就活しんどい」「死にたい」というような記事を見ながら思う。

 

企業からも就活生からも頼られ続ける事業所であれるように、一瞬一瞬を模索したい。

 

ところでスサノオマジックのB1昇格がおめでたい!

(珈琲うどん)


2019-05-16

「外国人観光」「増加」「1位」で検索すると『島根』が1番上に出てくるって知ってます?

  「外国人観光」「増加」「1位」で検索すると、「なぜ島根が1位?」という記事が一番トップでヒットする(R1.5.16現在)って皆さんご存知ですか?
  どうやら少し前の2017年に楽天トラベルさんが発表したデータで、インバウンド人気上昇ランキングで島根がトップになったことから書かれた記事のようです。

  確かに近年、インバウンドを活性化させるために島根の観光は官民共に力を入れられており、お隣鳥取の観光エリアも含み、山陰エリアとしてツアーを提案されています。
  その魅力を伝えるムービーがyoutubeで公開されているのですが、その再生数は約600万回となっており、Goodも約7,000となっていました。このムービー、日本人というか島根県人の私が見ても胸をうたれる様な素晴らしい動画です。

  隠岐や大山を中心とした自然と、石見神楽の文化や出雲の歴史的建造物等が紹介されています。少し面白かったのは、途中で港の水揚げの様子があったことでした。これも興味を惹くポイントなんですね。

  海外の方の人気スポットとしては日本庭園専門誌で連続日本一となっている「足立美術館」や大根島の「由志園」が挙げられるようです。ですから鳥取方面の観光も考えると、松江玉造エリアで宿泊というケースも多いようです。
  確かに最近、松江玉造エリアで海外の方を見る機会が増えたなあと感じていますし、「松江」「ゲストハウス」で検索すると中国、フランス、カナダの方からの口コミも寄せられているサイトが出てきます。
  様々な業種・公的サービスにおいて海外の方に向けた事業展開が現在ももちろんですが今後もキーワードになるのは間違いないですね。
(つ)

2019-05-17

5月病

この春から、新卒の息子&娘がダブル就職しました。

息子はかねてからの希望分野、娘は未経験分野。

息子は夢と希望、でも半分不安。娘は不安しかない。

そんな状況で4月を迎えました。

 

そして、5月も半ばを過ぎ・・・

いま、2人とも全く同じ様子、いわゆる5月病状態!?です。

食べることだけが生きがいの娘が「夕食いらない」と眠ってしまったり

笑顔がかわいい息子(親ばか)から表情が消えてしまったり

・・・ハラハラドキドキしながら見守る日々です。

2人とも幸い、同僚・先輩・上司に恵まれている様子。

そのことに感謝しながら、仕事にも少しずつ慣れていってくれればと

願うばかりです。

 

話を聞くことしか出来ませんが、大きな山を一緒に登っている心もちです。

 

(築)


2019-05-20

10年ぶり

10年ぶりに島根県民となりました。

帰ってきて実感したのは、「ご飯がおいしい」「夜が静か」「虫がいる」でした。

せっかく帰ってきましたので、自然を活かしたレジャーをしたいと考えている次第です。

もちろん業務にも励みます。

令和元年シンキ一転 よろしくお願いします。

(大晴)


2019-05-21

はじめまして

はじめまして、5月から石見事務所で働かせていただくことになりました。
これからどうぞよろしくお願いいたします^^
緊張と発言カミカミの毎日ですが、素敵な先輩方に囲まれ優しく見守ってもらい、一緒に働ける喜びを感じながら頑張っています!

初出勤日にはこんなウェルカムボードを作ってもらっていました♪

画像の説明
日々感謝を忘れず、一日でも早く「わからないことがわかる」ように前傾姿勢でやっていきたいと思います!!

ちなみにニックネームの「団十郎」は、女の子なのに男性の名前をつけられた昔の飼い犬です。

(団十郎)

2019-05-22

はまだじん

こんにちわ。

初めてつぶやきます!

5月から浜田ブランチに仲間入りさせていただきました。

明るいスタッフの皆様に支えられながら

日々笑う毎日を過ごさせていただいてます^^

実は浜田は、デパートこそ無いものの

海や空気も綺麗、ホタルたくさん、すぐヤギに会えるなど

自然の見どころがたくさんあります。

都会にちょっと疲れたよ~なんて時には

オススメの場所なのです。

ぜひぜひぜひ。

(麦ちゃ)


2019-05-23

コンビニコーヒー

最近コンビニの商品力に驚いています。各社それぞれの個性で展開していますが、特にコーヒーには感動しています。コーヒーメーカーも次々と最新のものに入れ替わり、1杯あたりの出来上がり時間もどんどん短縮しているのでは?そして美味しさも間違いなく、どんどん上がっています。

「便利で、安くて、美味しい」それだけでも十分なのに、

さらに「より早く、よりおいしく」とクォリティを高めていくコンビニコーヒー。

人は、なんでも“品質“の良いもの、クォリティが高いものに惹かれます。

 

“仕事”もそうだなぁ~とつくづく感じています。

「より良くするにはどうすればいいか?」という視点があれば、現状自己満足に陥らずにすみます。

コンビニコーヒーと同じ。他社がどんな努力をしているのか、調査も必要ですが、他とは違うオリジナルの強みも生み出して、うまくアピールしていかないと。

私も、質の良い仕事をして、相手の満足度をさらにあげていく、常にそんな意識を持っていたいなぁと思っています。

 

さて、今日はどこのコーヒーにしようかな。(笑)

(Pino)


2019-05-24

ロハスフェスタ広島へ参加しました

5月24日~26日に広島中心部の旧市民球場跡地で、「しまね田舎ツーリズム」のPRブースを出展してきました。

連日30度を超える暑さの中、多くのお客様にご来場いただき島根の魅力をお伝えできたと思います。大根島のツーリズム施設に参加してもらい実施した「ハーバリウム製作体験」は最終日の途中で予定数が終わるほどの人気を博しました。

出身者や祖父母が住んでいるなど、島根県に関係のある方も多かったのですが田舎ツーリズムを知っている方は僅かしか居らず・・告知不足を痛感しました。 広島をはじめとした県外の皆さんにも、島根県内の皆さんにも田舎ツーリズムで田舎体験をしてもらえるようにPRしていきます。

しまね田舎ツーリズムポータルサイト「おいでよ!しまね」も是非ごらんください。
http://www.oideyo-shimane.jp/

   画像の説明

2019-05-27

10年に一度の祭り

先日、ホ―ランエンヤの「還御祭」を観覧してきました。
ホ―ランエンヤとは?
---------------------------------------------------------------------------
以下、公式ホームページより抜粋↓↓

10年に一度、約100隻の船が大橋川と意宇川を舞台に繰り広げる、絢爛豪華大船行列「ホーランエンヤ」。370年の歴史を有す松江城山稲荷神社式年神幸祭の通称で、水の都松江が誇る全国最大級の船祭りです。
https://www.ho-ran2019matsue.jp/
---------------------------------------------------------------------------

5月18日に行われた「渡御祭」は行き帰りの船団を遠目から見ただけで、見逃してしまったので、今回が初めての観覧となりました。
普段は観光船か漁船くらいしか見ることのない大橋川に、豪華絢爛な船が何艘も浮かんでいるのは見事でした。乗り物好きの息子は、橋をくぐる際の帆の上げ下ろしの様子に大興奮。
演舞が終わると漕ぎ手や踊りの方々は松江大橋の北側から船を降りて松江城近くの神社へ向かって歩かれるのですが、沿道に集まったたくさんの人たちに拍手で迎えられ、特に若手の方々は誇らしげな表情。とても感動的でした!

次回はまた10年後。 少し先の未来に自分がどうなっているのか、そんな事にも想いを馳せながら楽しみに待ちたいと思います。
(もも)

2019-05-28

祝・スサノオマジックBI復帰!

島根スサノオマジックが1シーズンでのB1返り咲きを決めました。

バスケ好きとしてはただただうれしく、2シーズン前のときのように、日本代表クラスのいるB1の強豪チームが島根へやってきて試合をする…考えただけで興奮しますね!

全国のブースターが島根に滞在してくれることでにぎわいが生まれ、経済が回ることで、更なる盛り上がりと、地域活性化につながっていってもらえればと思います。

県外から人を呼べるものとして、先日おこなわれた日本三大船神事「ホーランエンヤ」も大いに盛り上がっていたように思います。私も還御祭を見に出かけましたが、10年に一度という希少さもあり、朝からすごい人でした。

 

「スサノオマジック」も「ホーランエンヤ」もそうですが、先日日本遺産に登録された「石見神楽」など、島根には県外から見ても魅力的な観光資源が数多くあるなと、今回再確認できる出来事が続いたので書いてみました。自分の住んでいる場所に自信を持って、私たち一人ひとりが広告塔のつもりで様々な角度から島根の魅力を発信していきたいなと思わされた5月でした。

(黒ラベル★)


2019-05-29

アウトバウンド!?

先日、前日から道具を点検したり調整したり、おやつまで買って「釣りに行こう!」と中学生の次男を誘ったのに見事に振られた夫を見るに見かねて一緒に釣りに出かけました。

 

季節的に「スズキ」のシーズンですが過去を遡っても「スズキ」サイズは釣れたことがなく、

もっぱら狙いは「せいご」です。けれども「せいご」で十分!フライもムニエルも塩焼きも、とても美味しくて大好き!

 

ほどほどに早起きをして「サッと行ってサッと釣ってサッと帰る」ぐらいの近場を釣り場に選んで車で走ることほんの10分。お手軽に釣りができる人気の場所ですが、その朝は私達だけ!一番乗りで道具を広げ、4本も釣竿を立てキャンプ用の椅子にゆったり座っておやつを食べながらその瞬間を待っておりました。

 

1回目のアタリがきた頃から一人、また一人と人影が増えグループもやってきて釣り仲間が増えていったのですが・・・左隣の5人グループは韓国語。右隣のお友達同士はポルトガル語。そのまたお隣のご夫婦もポルトガル語。でも私達も出雲弁で「くっちゃべってた」ので日本語だとは思われていないかも・・・すぐ近所なのになんだか海外にいるような不思議な空間で、お互い釣れたら拍手なんてしちゃったりして妙に社交的な私達。

釣果は「せいご」7匹。いや~意外なところで多文化共生を意識させられた日でした。

 

(ぽんちゅっぺ)


2019-05-30

かかしまつり開催!

大田市山口町佐津目のご美の里が開催する「かかしまつり」に行ってきました。
地区一帯に案山子が並んでおり設置するだけでも大変だなぁ・・と思いつつ、一つ一つ表情が違い面白く見させてもらいました。
中には市長さんや大田市公式キャラクター「らとちゃん」の案山子があり「・・こんな顔だっけ??」と、実物との違いに笑わせてもらいました。

かかしまつりに併せてオーナーになっている田んぼや施設周辺も散策しました。ちょっと行かない間に施設の裏手にはブランコが設置され、子どもが楽しめるようになっています。大人はブランコが壊れるかもしれないので乗らない方がいいかも!笑

私とこの地区の皆さんとのお付き合いはかれこれ10年くらいになるのではないでしょうか。行った際はいつも「遠くからごめんね、道中大変でしょう?」と声を掛けてくださいますが、本当に苦にならないのです。 そして今ではお父さんお母さん世代から、その息子さん娘さん世代が活動に携わられています。
世代が変わっても、私は今までと変らず通い続けます!

「子ご美の里 こご美庵」 ⇒しまね田舎ツーリズムポータルサイト 「おいでよ!しまね(https://www.oideyo-shimane.jp/)」でチェック!

(フル) 画像の説明 画像の説明

2019-05-31

邪魔者が活躍する日。

私の家の仏間に一枚板の大きくて重たい背の低いテーブルがある。

私が生まれた頃にはすでにあったものだが、今まであまり使われることがなく、動かす度にいちいち重たいので邪魔者扱いされていた。

でも、とうとうそのテーブルに転機がきた。

 

キッチンで使っていたダイニングテーブルが古くなったので、なんとその邪魔者扱いしていたテーブルと交換して、使ってみようというのだ。

近所の家具屋さんにお願いしたら、椅子に合った新しい脚をすぐに持ってきてくれ、

今までの短い脚と取り換えた。

するとなんということでしょう。ここはお店でしょうかと言わんばかりの素敵なダイニングテーブルになった。

 

昨日まで、「あ~~~重たいだけだ、このテーブル」と言っていたのに、「コップを置く音すら素敵~♡」と母。「邪魔だけぇ捨てようか」なんて言っていたことを撤回したい驚きだった。最近は、昔のものを活かして家具を作ったり、家をリフォームしたりというのが目立っているけれど、ほんの少し工夫するだけで、昔のものが活かされるということに改めて驚かされた。

 

よくよく聞くと、邪魔者にされていたテーブルは私の祖父の父の代から大切にしていたものらしい。令和の時代からは家族が一番集まり、使うダイニングテーブルへと昇格。

今まで綺麗に使ってくれていたご先祖様に感謝し、古いものを大切にする気持ちもきちんと育みたいなと思った出来事でした。

(そうすると、旧ダイニングテーブルの活用方法も考えなくては…)

 

(まめ)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630