ダミーメイン

2019-07-01

梅雨入り、梅仕事

今年の中国地方は梅雨入りがとっても遅く、先週ようやく梅雨入りしました。

いつもなら湿気も雨も多くじめっとしがちな季節ですが、

先週の梅雨入りまでは意外とさわやかな気候だった島根でした。

 

(もう今日から7月ですが)6月は梅の季節でもあります。

自宅にも梅の木がありますが、老木だからか実は少なめ。

それでも完熟した梅の実からは、甘くてさわやかなとてもいい香りがしていました。

 

自宅でも、財団内の周りの席でも、6月の話題は梅仕事。

今年は何つくる?

私はこれ作ったよ。

ああそれもいいね。

 

自然とそういう会話が弾むってなんかいいな、と思いました。

(ちなみに私も梅の甘露煮を作ってみようと思っていましたが

実家の母が全部梅干しに仕込んでしまいました)

 

梅雨が明けて夏になったら、きゅうりだトマトだナスだ、

夏野菜のおすそ分け合戦が待ってる!

 

(は)


2019-07-02

島根を知る~温泉&道の駅巡りの旅~

「財団職員なら、19市町村すべてを知らないと!」

そんな思いから、島根県内19市町村を自らの足で訪れる旅をしている。

 

これまでに休日を利用しながら自分の足で訪れた市町村はこちら。

松江市/出雲市/海士町/西ノ島町/知夫村/雲南市/安来市/奥出雲町/飯南町

出雲エリアの6市町はすべて制覇!

隠岐エリアも4町村のうち3町村を巡るというリーチぶり。

残すは石見エリア9市町と隠岐の島町。

半分の市町村を巡ったことになる。

 

その旅の中で、楽しみになっているのが、温泉と道の駅を巡ること。

どこの温泉地も地域の方に愛されていて、観光客よりも地元客の方が多い!?

道の駅も同様で、お土産売り場というよりも地元客の食堂となっている!?

ふらっと立ち寄れる、温泉と道の駅はその土地の顔が見えて面白い。

地元の方も旅人も同じ場所に居合わせることで、風土ができあがるんだなと感じつつ、

ひつじの旅はまだまだ続く・・・。

(ひつじ)


2019-07-05

絶対に無理って本当に無理?

車の免許をとったのは学生の時、当時はとりあえずとっておこうというくらいの気持ちでした。電車やバスでじゅうぶんに移動できる地域に住んでいたので、免許取得後も車にほとんど乗ることもなく、長く続いたペーパードライバー期間。

 

しかし島根での暮らしがはじまったと同時に車に乗る必要性が出てきました。教習所に通っていた頃から苦手意識があり、積極的に運転もしてこなかったので、当然自信もなく、はじめは本当に嫌々。

 

乗りこなせる自信は無いし、できることなら、この先もやっぱり自分は運転したくないと正直思いながらの練習開始でした。

教習所のペーパードライバー講習にはじまり、家族に頼んで付き合ってもらった、広い敷地や車の少ない道路からはじめた練習も今ではなつかしく思います。

 

ひとりでも車で出かけられるようになった今となっては、「絶対無理!」と自分で勝手に思い込んでいるだけだったんだなと、わりとなんてことなかったというくらいに感じられます。

 

この運転の件があってから、できない、無理と普段通りすぎていることも、チャレンジしてみたら案外できるようになることも他にあったりして?!とうっすら思うように。

うまくいくことばかりでないでしょうが、新しいことへの挑戦に腰が重くなってきていた自分には、いい経験になりました。

 

一歩踏み出すまでがなかなか難しいですが、はじめから自分には無理~!のひと言で片付けず、チャレンジ!の気持ちを忘れないでいたいなと思った私のワンステップです。

(幸子)


2019-07-10

田舎あるある

 「情報拡散がツイッター並み」、「若者会の最年少が60代」、「車で移動すると行動がばれる」、「野生動物との仁義なき戦い」───これは、奥出雲町のNPO法人ただもさんが、ワークショップの意見をもとに構成された「奥出雲自虐カレンダー」での「奥出雲あるある」です。当財団のUIターン定着支援交流事業の一環で作成されました。

 内容を見てみると、それは決して奥出雲に限った事ではありません。島根の農山漁村部に広く共通する「田舎あるある」で、都市部からUIターンされた場合、時に、強いカルチャーショックの要因となることもある事柄です。

 ただもさんは、UIターン者6名を交えた計20人の参加者と共にワークショップを開催し、「移住して初めて気づいたこと」、「困ったこと」等を「奥出雲あるある」として出し合い、共感度が高いものについてピックアップした上で、解決策等まで話し合いました。

 例えば、上記の「あるある」に対する解決策では、「良い情報を広める意識を高めよう」、「既存の若者会でなく、さらに若い会を立ち上げよう」、「白の軽にしたら紛れます」、「共に生きる道を模索しよう」等が示されています。

 課題を指摘して終わるのでなく、自分たちで考えられる解決策まで検討することで、主体的かつポジティブにその現状と対峙していく姿勢を示されている点が、とても素敵だと思いました。

 閉鎖的な田舎では、時に率直に意見を言うことを躊躇する空気を生むことがありますが、今回のようなワークショップをとおして、地域のことに関して、誰でも自由に、気軽に声をあげ、その結果、自分と同じ思いを持つ人がいる事実に気付けることは、とても勇気づけられ、安心感や仲間意識の醸成にもつながることだと感じます。

 「自虐」と銘打たれた活動でしたが、今住む地域を自分の視点で見つめる行為が育む「理解」と「共感」が、自分自身の根を強くし、「自己肯定感」を高めることにもつながるんだと教わった、「あるある」でした。

(でんでんむし)


2019-07-11

わが家にカンガルー!?

「おかあさん,さっきね,どうぶつがいたよ。」

「どうぶつ??なにがいたの?」

「えーとね・・・・かんがるう。」

「カンガルー???」

買い物から帰ると,庭で遊んでいた娘(まもなく3歳)がこう言うのです。そばで一緒に遊んでいた息子(3年生)に話を聞くと,どうやら庭を茶色い動物が横切ったようです。色や大きさからヌートリアではないかとのこと。近くにはまだ田んぼもあり,水路でヌートリアを見かけたという話を聞いたことがあります。息子もよく外で遊んでいるので、祖母からヌートリアが出た話は聞いていました。

犬やネコが出てくるなら分かるけれど、まさか「カンガルー」が出てくるとは思わなかったので、家族みんなが大爆笑!!「ヌートリア」なんて聞いたことないもんね…

毎日慌ただしい我が家。休日も子供たちの習い事や地区の行事参加で、休日も休みにならず、バタバタとしていた私をちょっと立ち止まらせてくれる、ほっこりした出来事でした。

やさしいお兄ちゃんは「カンガルーがいたの?」と大好きな妹の話に乗っていました。子どもの豊かな発想、突拍子もない発言や子どもたち同士の会話、ちょっと手を止めて耳を傾けると微笑ましく、吹き出して笑ってしまうことやびっくりすることも多いですよね。

(misora)


2019-07-12

季節の色

雨が続くかと思ったらそうでもなかったり、梅雨なのかもう明けてしまったのかよくわからないような日々ですが、最近アジサイの花を見るのにハマっています。

地元に帰った時など、出掛けた先で綺麗なアジサイの花を見かけるとつい写真を撮ってしまいます。雨が似合う花という珍しさと、あの絶妙な色合いに惹かれます。色味も様々あると思うのですが、私は青~紫の間くらいの色がとても美しく感じます。

漢字で書くと「紫陽花」…これもまた素敵だな、と思ってしまいます。 「アジサイ」の語源について少し調べてみると、有力とされているのは、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったとする説だそうです。
日常には様々な美しい色が溢れているということを常に感じながら過ごせて行けたらな、と改めて思いました。

(の) 画像の説明

〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630