ダミーメイン

2020-08-03

行事は大事

遅い梅雨明けから急に夏らしさが出てきました。

今年はこのご時世、色々な行事がないまま季節が過ぎて行っております。

 

私たち夫婦はもともとインドアな一家ですし、2歳の子供も最近のブームがドラムセット乱打で十分楽しんでいるので、私もここぞとばかりにこもり続けており、特にノンストレスに過ごしています。

 

しかし、気が付くと8月!?今8月ですと!?

 

今年は保育園の行事も休止、毎年恒例で参加していた松江レガッタも延期でしたし、定期的にあった音楽イベントもなく、そして今年はお祭りがありません。

「まあ、このご時世行事がなくてもしょうがない」と思ってました。もちろんそうなのですが、同時にこれまで行事の重要性を軽んじていたことに気がつきました。

気が付かない間に季節は流れて、大切な時間が失われていく感覚。

これは怖いぞと気持ち改め、我が家も家の中でできることを始めました。

 

それは単純ですが旬のものを調べて季節に感謝して食べるということです。季節を感じられてこれでもだいぶ違います。

あとはzoomやyoutubeをもう少し有効活用してみようかと思っています。(結局インドアと言う話)

(めⅡ)


2020-08-04

島根の野菜で価値観が変わりました

東京出身、島根で暮らして通算9年目Iターンのひつじです。気がつけば人生の4分の1以上を島根で過ごしています。そろそろ、島根人と呼べるでしょうか。

そんなIターンの私が、夏が近づくと楽しみなことがあります。その1つが『夏野菜』です。トマトもきゅうりもナスも東京で暮らしている頃から親しみのある野菜でしたが、島根へ移住するまで、『野菜はドレッシングやマヨネーズをかけて食べるもの』でした。

ですが、海士町でお世話になったじっじとばばちゃんから頂いた夏野菜を食べてから、自分の価値観がゴロッと変わりました。そうです。『野菜は素材の味を楽しむもの』に変わったのです。野菜そのままの味が濃ゆくて美味しかったのです。

あまりの美味しさに感動したことはもちろん、じっじやばばちゃんが丹精込めて作ってくれたと思うと、2人の顔が思い浮かび、その分だけ有り難く・美味しく感じたのでした。

それからは、野菜はできるだけ顔の見える関係で買うようにしています。道の駅や産直コーナーを訪れては、お会いしていたことはなくても、お名前を見ながら野菜が買える島根の食生活が、私は大好きです。

(ひつじ)


2020-08-05

印象に残る出来事

この「ひとりごと」って2~3か月に一回程度のサイクルで順番が回ってくるのですが、その間に一回くらいは、印象に残る出来事って起きるものです(個人の感想です)

何かと言いますと、6月と7月に一度ずつ計二度、通勤帰りの列車内で「あの…どうぞ」と席を譲られました。譲ってくれたのは、6月は男子高校生、7月は20代の若い男性でした。

ええ、そりゃ流石に戸惑いましたよ。確かに私は60歳にはなりましたが、週に一度は6㎞程度のランニングをしていまして、足腰はしゃんとしているつもりです。

声をかけられた時には「わたしに?」「ほんとに?」と戸惑いましたし、「ありがとうございます、大丈夫ですよ」と応答したのですが、譲ってくれた方はもう立ち上がってしまっています。

「うっわ、今周りからどう見られてるんだろ?」「マジか?」「どうする?」「いや、座ったほうが」「この人に恥かかすし…」(この間1.5秒)

で、結局ありがたく座らせていただきました。もちろん、列車を降りるときに再度御礼は忘れませんでしたよ。ええ。

帰宅して家内にこの話をしたら大笑い。しかし二回目は「なんでかねー、おじいちゃん」

「ヲイヲイ、『おじいちゃん』は余計だろ!」って返したら、また家内大笑い。結局「なぜ譲ってくれたのか?」の探求は一切なく、ひたすら家内のネタに使われることになりました。

でも、考えてもしゃーないことは、笑い飛ばすくらいがいいですね、いやホント。

(たまみね)


2020-08-06

『あ・い・う・え・お』vol.2

4月当初に本財団に着任して感じた印象について

   『あ・い・う・え・お』

でまとめ、朝礼当番時に発表させていただきました。

着任して3か月が経ち、再び朝礼当番が回ってきましたので

   『あ・い・う・え・お』vol.2

と題して、日々感じている印象を四字熟語で発表させていただきました。

 

あ・・・挨拶励行(課を超えていつも私に心地よい挨拶をして下さる)

い・・・活々働々(“イキイキワクワク”と働く姿が素晴らしい)

う・・・有智高才(様々な知恵を備えコロナに立ち向かっておられる)

え・・・笑顔絢爛(この笑顔は財団の力ですね)

お・・・御●合縁(“合縁奇縁”とコラボ。●は朝礼時にお伝えしました)

 

この財団の雰囲気で困難な社会状況を打破していけると確信しています。

島根の魅力が多くの人に伝わるよう私も取り組んでいきたいと思います。

(けつぷりお)


2020-08-11

夏休みって…

例年より遅い梅雨明けの後、ここ何日間かは本格的な夏の暑さになってきました。

ただ、ふと思うのです。

夏って、こんなに暑かったっけ?と…。

子どもの頃の夏休みといえば、家でご飯を食べる以外は、外で友達と遊び倒していた気がします。

それが、ここ数年はどうでしょうか。

日中は、暑すぎて外で遊ぶことが出来なくなっています。

子どもと散歩に行くこともままならず、「外は暑いから出られないよ」という夏休み。

クーラーをつけて部屋にいるしかないって、うーむ。

将来、子どもたちが思い描く夏休みって、どうなっているんでしょうね。

(京)


2020-08-12

古くて新しい仕事・島田潤一郎さんが沁みる

 

先日、島田潤一郎さんという方の自伝を、ふらっと立ち寄った本屋さんで手に取りました。なんとなく惹かれて開いただけなのですが、その文体が妙に沁みるのです。

 

いわく、人間関係が苦手で、就職にはことごとく失敗し、兄弟のように育った従兄が事故で亡くなり、なんだかどこにも自分の居場所が無いように感じられ、ある晴れた日、ゆれるカーテンを眺めながら、ふいに自殺したくなった、と、まるで独りごとでも言っているかのように記していました。

 

不器用な自分を必要とする会社はなかった、従兄はいなくなってしまった、彼の記憶もいつかなくなってしまう、自分にはもう居場所はないのかもしれない。

 

でも、自分は働きたいんだ、と。

 

なんでもいいから、必要とされたいんだ、と。

 

それで、彼は亡くなった従兄のお父さんとお母さんに向けて、従兄が生きていた証しとして詩集をつくることを始めるわけです。

空白を埋めるように、詩集をつくるために図書館に通い、製本技術を学び、美しい装丁をしてくれるひとを頼り、生き始めるわけです。

 

ひとりで出版をするために、孤独ながら、不器用ながら「はたらくこと」に向きあう姿に心を打たれるわけです。

 

彼は、詩集を完成させ、ついにお父さんとお母さんに手渡し、そして、ずっとそのままになっていた従兄の洋服を焼くんです。彼の死との決別のために。

 

もうそのシーンが泣けて泣けて。

沁みるんです。

 

そこから10年。

 

ひとり出版社として年に3冊程度の本の復刊(廃版になった本の復刻)をつづけ、いまもひとりで出版を続けているそうです。

 

彼は「たったひとりのためにつくる、美しい本を、(数はすくなくとも)心を通わせあえるひとたちとつくること」に生きる喜びを見出しているそうです。

この仕事が好きだ、大好きだ、と。できるだけ長く続けたいのだ、と。

 

コロナだなんだと変化の激しい毎日で、「新時代に乗り遅れるなよ!」みたいな風潮もあったりなかったりする最近で、

なんだか心がざわざわ忙しいです。みなさんはいかがですか?

 

彼の生き方に、じんわりと大事なことを思い出させてもらっている今日この頃です。

 

おちらといきましょう。

 

(珈琲うどん)


2020-08-17

「水無月」「神無月」の意味は?

 

旧暦の6月を「水無月」、10月を「神無月」と呼びます。

旧暦の6月は新暦の6月下旬から8月上旬、10月は10月下旬から12月上旬の頃にあたります。

皆さんは「水無月」の頃は雨が多い梅雨の時期にあたるのに、なぜ「水が無い月」と呼ぶのだろう…と疑問に思われたことはありませんか?

「水無月」や「神無月」に使われている「無」という文字は月の呼び名ができた時代よりもずっと後世に呼びやすく充てられた文字なのです。「無」は「な」と読みますが、助動詞「だ」の連体形の「な」には、直後に続く名詞に対して「の」とか「ので」という意味を込める用法で使われています。

したがって、「水無月」とは「水の月」、「神無月」とは「神の月」というように理解する必要があるのです。

出雲地方では旧暦の10月を「神無月」に対して「神在月」といったりしますが、「神無月」は元来「神の月」であるのです。

出雲大社は明治維新まで「杵築大社(きずきのおおやしろ)」と呼ばれていました。江戸時代には「お伊勢参り」ほどのインパクトを与える存在ではなかったようですが、出雲の御師の活躍があって全国に出雲の文化が広まっていきました。

今年の出雲大社での神迎神事は11月24日午後7時から稲佐の浜において催行されますが、コロナ感染の関係から一般の方の参列はできないようです。

静寂の中での厳かな神事を離れた場所から思い描きたいと思います。

(Friday)


2020-08-18

日常のひとコマ 8月

 

・ひっくり返ったアブラゼミに蟻が群がる

・使用済みのマスクが落ちている

・未完成のツバメの巣

・雨の日を待って網戸を洗う

・マンションのビオトープで水浴びする大型犬

・手を繋ぎながら口論するカップル

・私の枕元でゲロした愛する飼い猫

・洗濯物が1時間で乾く暑さ

・カットスイカが売り切れていた

・吊り下げ式防虫ネットは効いている?

 

(おはぎ)


2020-08-21

~石見銀山の大久保間歩ツアーに参加~

ヘルメット・長靴・ヘッドライトを装着!

人工物だけど、真っ暗な鍾乳洞のようなところを進むと

大きな空間にでました

人が削ったと思うと圧巻です・・・

夏でも気温10度な空間は.......ウルトラライトダウンを着て快適な温度です。

ハシゴ代わりの丸太や作業の光(ろうそく)体験など

昔の方々を感じれました!

せっかく、石見銀山行くなら

限定公開の大久保間歩ツアー行く価値ありな気がします~~

少し探検隊の気分も味わえてよいです!

(つつ)

   画像の説明 画像の説明 画像の説明

2020-08-24

夏の思い出

  

今年の夏は県外の実家に帰省することも我慢し、ただただ大人しく県内で過ごしました。

とはいえずっと家にいるのも・・・と、思い立ち、涼を求めて山にキャンプ!

 

今回は奥出雲町の玉峰山森林公園キャンプ場へ行ってきました。

少し登ると滝もあり、夜空には満天の星、そして玉峰山荘の温泉も最高でした!

連日うだるような暑さが続きますが、山はとっても涼しかったです。

 

思い付きキャンプでしたが、素敵な夏の思い出が出来ました。

まだまだ暑さが続きそうです。皆さまもぜひ山へ!

 

(向日葵)


2020-08-26

お宝発見!

今年は家の片づけをすることが多く、いろいろな懐かしいものを発見しました。

子供が小さい時に遊んでいた、セーラームーンのオモチャや、シルバニアファミリーのハウスなど当時の思い出も一緒によみがえってきました。

中でも驚いたのは、アナログのレコードとプレーヤーが見つかったことです!

おばあちゃんが昔集めていたらしいです。天地真理、小柳ルミ子、南こうせつなどの邦楽の他にも、カーペンターズやビートルズなどの洋楽もあって、バリエーション豊かなレコードが箱にぎっしり入っていました。

まるで昭和にタイムスリップしたような錯覚を味わいながら、おばあちゃんの若かりし日を感じて嬉しくなりました。

(ちょこ)


2020-08-27

夏の学び

先日、小学5年生の甥っ子から、メールが届きました。

 

メールには、

「もらったおこづかいでほしかった

やぎのふぃぎゅあがかえました。ほんとうにありがとう。

こんどみせにいくね。」

と、かわいい写真付きで送られてきました。

 

普段からちゃんとお礼もしっかり言える子なのですが、

後日にも改めてこうしたことが言えるのは

なかなかすごいなと、叔母ばかですが感動してしまいました。

そして私ももっと人に感謝をしよう、伝えていこう、そう思いました。

(麦ちゃ)


2020-08-28

ちょっとしたことだけど、やってみて良かったこと

ここ最近ちょっとした趣味ができました。「読書」です。すごく当たり前ですね(笑)

これまで、本を読むときは、実用書を中心に読むことが多かった私。ですが、「いつも読まないジャンルの本を読んだ方がリフレッシュできるよ」というアドバイスをもらい、久しぶりに小説を買いました。いったい何年ぶりかも分かりません。

本屋に足を運んで、たまたま目に入った小説を手に取り、購入して家で読書。私は常に何かを考えているタイプの人間ですが、その小説を読んでいる時には不思議とその世界に入り込んでいる自分がいて、異空間にワープした気持ちになりました。

読者を惹きつける作家さんの書きぶりって本当にすばらしいですね。

いつも日常に追われて時間が過ぎていきますが、今後は時には落ち着いて小説を読もうと思います。そして、一つ一つの小説の中でいろいろな夢を見たいなと感じます。

(温泉大好き)


2020-08-31

今年の夏の痛い思い出二つ

 

一つ

先日リビングのエアコンが壊れました!

なぜ今?

毎日コロナと熱中症と戦っているのに

年々夏がいつもより暑く感じるこの時期に

仕事帰りに電気屋さんでエアコンの注文

しかし取り付けに10日待ち

おー!!

別部屋のエアコンの風をサーキュレーターで送り込む

何とか10日間頑張るしかない。

 

もう一つ

我が家の最近食欲のなくなった一匹は突然、獣医さんに前歯を5本抜かれました!!

夏バテと思いきや、歯周病!

前歯のなくなった一匹は痛みもなくなり食欲も戻りました。

その代わり、突然の高額出費で私の懐は痛いよー。

しかたないか。

 

(まーたん)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630