「こんにちは、定住財団です。」

 (公財)ふるさと島根定住財団は平成4年に設立し県内就職を促進するための雇用環境整備やUIターンの支援等を実施、平成8年度からは産業体験事業など、定住を促進するための先導的事業にも取り組んでいます。
 平成15年度には「石見事務所」、16年度には若年者の就職を総合的メニューでサポートするワンストップサービスセンター「ジョブカフェしまね」を開設、17年度には、UIターン希望者に対する無料職業紹介事業を開始し、UIターン希望者と県内企業とのマッチングを行っています。
 また、平成20年4月から、それまでの地域づくり支援事業に「島根ふれあい環境財団21」が実施していた社会貢献活動部門の事業を継承し、一体的に事業を実施しています。
 新しい公益法人制度に対応し、平成23年4月に「公益財団法人」となりました。

UIターンの促進と県内定住を目指して、次の取り組みを推進します。

 1.若年者を中心とした県内就職促進

若年者の就職支援を行う「ジョブカフェしまね」では、就職フェア(就職面接会・セミナー)開催など、就職活動を総合的に支援します。

 2.県外からのUIターンの促進

求人情報をはじめとした情報提供とUIターンに関する職業相談、農林水産業などの産業体験やしまね暮らし体験事業などで島根での定住のきっかけとなる機会を提供します。

 3.活力と魅力ある地域づくりの促進

「地域が元気であること」はとても大切です。人が住み続けるためにも、他地域から移住・定住してもらうためにも、地域活性化につながる活動を支援します。

このサイトはオープンソースソフトウェアのRubyで構築されています。