ダミーメイン

2018-08-15

私の静かな時間

先日、島根県立美術館と加納美術館の企画展へ行った

県立美術館の「甦る世界の文化財」

館内はお香が匂いとお経が流れる中、仏像に触れることもできる。異空間の中、作品をまじかに見ながら「職人さんが凄い」とブツブツひとりごと

加納美術館の「佐々木恵未さん童画展」

世界的に有名な足立美術館を通り過ごして、広瀬の奥へ・・・

田んぼと川のせせらぎの中に加納美術館はあります。

隣接するレストランで「オムライス」を食べた。「んん?美味しい 卵がフワフワ」お店の中は、ガラス越しに厨房が丸見え。店内はランチのお客さんで注文の声が飛び交う。

そんな状況でも常に笑顔、「ハイ!わかりました」丁寧に答えるシェフに私は見入ってしまった。「オムライスの味がいいのはシェフの笑顔もスパイスなんだ」とニヤニヤつぶやく

帰りにお気に入りの本屋さんに寄った。ここに来るときは、1,000円札だけを持って時間をかけて1冊のお気に入りの本を買う。

たまには静かに心穏やかに過ごすのもいいですね

【きなこ】


2018-08-13

2018お盆の予定

今年のお盆は、久しぶりに家族みんなが実家に集まることになりました。

最近はお盆といっても、皆それぞれ予定があり揃うこともなくなったので全員集まるのは久々です。

それが嬉しくて、島根にいる私と母は最近ワクワクが止まりません。

今年は皆それぞれやりたいことがあるそう。

妹①:カヌー

妹②:BBQ

妹②旦那:海

私の旦那:とにかくのんびり

母:家族写真を撮る

母の希望である家族写真に、「なんで今更?大人ばっかりよ?」と笑ったのですが、結構母は本気で撮りたいらしい。

理由を聞いてみると、「なんとなく残しときたい」とのこと。

確かに成人式以来、家族全員の写真をきちんと撮ったことがないし、たまには良いかもと賛成。写真館も予約してみました。

お盆の予定を並べてみると写真を撮ることに一番ワクワクしている私。

今を残すって確かに大切だなと。

これを機に、写真を撮ることを毎年の恒例行事にしても良いなぁと密かに思っているのでした。

あ~楽しみ。はよ帰ってこんかな~!!

(まめ)


2018-08-10

自分の趣味で気づく本心

ここ3年間、「リアル脱出ゲーム」にはまっています。

周りになかなか同じ趣味をもつ人は少ないのですが、全国を見渡せば山ほどいて、最近ではリアル脱出ゲーム専用のビルが歌舞伎町にできたり、東京ドームや幕張メッセなど大規模なイベントも増えて、人気が増しています。

この「リアル脱出ゲーム」、ある空間に閉じ込められた設定で、その空間に散りばめられた謎や暗号を解き明かすことで、次々と行動が導かれて、最後にはめでたく脱出ができる、というワイワイ楽しくヒラメキを駆使して楽しむ非日常感あふれる遊びなのです。

「なんでそんなに好きなのか」と深く聞かれる機会がありました。非日常感?達成感?好きな要素を色々と挙げていき、最も大切なものを深堀していくと、ただただ「仲良くワイワイしたい」、そんなとってもシンプルなことが、僕のその趣味の核でした。

結局、人生において仕事も家庭も全てがそうで、ワイワイ仲良くすることを求めている自分に改めて気づかされました。

例えば仕事を例にあげると、全ての仕事の場面でワイワイ仲良くが必要ではないですしメリハリが重要なのは言うまでもないですが、仲良くワイワイできる関係であれば、「あの人のためだったら何でもするぜ」「みんなでもっと良い仕事しようぜ」「こんな新しいアイディア考え付いたから提案してみよう」といったチームを前向きにする気持ちや言動が増えていくように感じています。学生時代の部活動のような、大変だけどみんなとだから頑張れちゃうという仕事で泣けるようなチームが理想です。

と、そんなことを本気で思っているのですが、はたして日頃そのことを組織の中で実行できているか。日々の仕事に追われると、しかめっつらしてたり、話しかけにくいオーラを発していたり、自分自身が負の空気をつくってしまっていることがあります。

このタイミングでこのひとりごとを書いているのも何かのご縁。スイッチ入れ直して、理想であるワイワイ楽しく良い仕事できる環境を追い求めてみたいと思います。

(七)


2018-08-09

しんどいなぁと思うけど

日々の業務の中で人の話を聞くことにしんどさを感じることがあります。事務作業ならパソコンや書類と向き合えばいいのですが、人相手だと“聞き逃しちゃいけない”“誤解を与えちゃいけない”と「○○しちゃいけない!」が頭の中をぐるぐる回ります。

また“今どんな表情をしているのかな?”と観察することもあり、表情から感情が読み取りにくい人は本当にしんどく感じます。

ただこの「しんどさ」が嫌ということではありません。人や事業の大きな節目や新しいチャレンジの一部に関わらせてもらえ、感謝もしています。ただ、しんどさと併せて怖さを感じることも・・。

だけど「しんどい・怖い」ばかり思っていては前に進まない!

Iターンされた方に島根を選んだ理由は「人」であると言われました。私もその一員となれるよう頑張らねば。

ちなみに、「しんどいなぁ」と思いながら休憩タイムに甘いものを摂取するため、お腹周りもしんどい状態になってきました。

(フル)


2018-08-08

季節を感じる私のリフレッシュタイム。

5月の田植えから3ヶ月。

ぐんぐん大きくなった稲は鮮やかな緑から稲穂を実らせ、だんだんと黄金色になってきました。日々変わりゆく美しい風景を目にすることが、いま楽しみのひとつです。

畑の農作物や草木の様子もそうで、成長や実りに季節のうつろいを感じることができます。

これらは県外で仕事中心に生活をしている時なんて、さほど気にもとめなかったようなこと。環境が異なるというのも大きいですが、自分が見ようとしているか、そうでないか、もあるのではないのかなと思ったりしています。

仕事とプライベートとどちらも楽しめるよう、心の余暇時間として、わたしは自然を感じる、ひとときをこれからも大事にしたいです♪

(幸子)


〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
〒697-0034 島根県浜田市相生町1391-8 シティパルク浜田2F 石見産業支援センター(いわみぷらっと内)
TEL 0855-25-1600 FAX 0855-25-1630