プレスリリース

このページでは県庁記者室に提供した資料を公開しています。

休眠預金を活用した助成制度 島根県エリア説明会

民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(いわゆる休眠預金等活用法)に基づく資金分配団体として中国5県休眠預金等活用コンソーシアムが採択され、民間公益活動を行う実行団体への助成公募を開始することとなりました。
島根県内で本助成への申請を検討する団体をはじめ、県内のNPO、行政機関、金融機関、企業などが本助成制度の狙いや概要、社会から期待される成果について理解するための助成公募説明会を開催します。

日時・場所

日時:令和2年2月5日(水)14:00~16:00
場所:ふるさと森林公園学習展示館(島根県松江市宍道町佐々布3352)

プログラム

1. 休眠預金等活用について 「休眠預金等活用によって目指すもの」
説明:(一財)日本民間公益活動連携機構(JANPIA)
事業部 プログラムオフィサー 浅野 美樹 氏

2. 助成事業の公募内容と評価について 「島根県エリアでの募集テーマと申請手続き、評価について」
説明:公益財団法人ふるさと島根定住財団

公募概要(島根県エリア)

事業名

中国5県における地域格差及び所得格差による課題を解決し、暮らし続けられる地域をつくる事業

島根県エリア設定テーマ

中山間地域・離島における生業づくりとそれを⽀える仕組みづくり

採択予定実⾏団体数

1団体程度

助成額(助成期間)

上限20,000千円(3年間)

対象となる団体

島根県内で⺠間公益活動を⾏う団体で次の条件を満たすこと
・島根県内に事務所を置いていること
・法⼈格の種類は問わない(任意団体でも申請は可能だが、事業期間内に法⼈格を取得すること)
・多様で複数の組織・団体が関わる事業(いわゆるコレクティブインパクト型事業)を優先する

公募締切

2月28日(金)

主催

中国5県休眠預金等活用コンソーシアム

(構成団体)
 公益財団法人とっとり県民活動活性化センター
 公益財団法人ふるさと島根定住財団
 NPO法人岡山NPOセンター
 NPO法人ひろしまNPOセンター(代表団体)
 NPO法人やまぐち県民ネット21

問い合わせ先

(公財)ふるさと島根定住財団 地域活動支援課
  • 担当:森山
  • TEL:0852-28-0690

資料ダウンロード

トップへ戻る